産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後のくびれを簡単に手に入れる方法

産後のくびれを簡単に手に入れる方法をご紹介していきます♪

 

ところで、産後は何もしなくてもボディーラインがすぐ元に戻ると思っていたのに、伸びてしまった皮がたるんでしまってくびれどころじゃない。。

産後のたるみ

このような悩みをお持ちではありませんか?

 

特に産後の身体の悩みとして、このようなお腹のたるみの悩みをお持ちの方がとても多いようです。


・・・そう考えると産後も自分のスタイルを取り戻し、クールなくびれを手に入れている有名人の人たちは凄いなぁ。と感心してしまいます。


中には、「自分にはくびれを手に入れるなんて無理だ。」そう諦めている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、あなただけできない。なんてことはありません。

正しい方法を実践することで、きっとあなたもくびれを取り戻すことができるでしょう!

 

そこでこれから、産後にくびれを手に入れたい!と言う方に向けて、安全に産後のくびれを手に入れる方法をまとめていきます^^

産後にお腹のたるみが元に戻らないのはなぜ?

産後にお腹がたるんでしまう1番の原因は、妊娠中の時に伸びてしまった皮膚がたるんでいることです。

ただ、原因はそれだけでなく産後の骨盤の状態も大きく関係しているようです。

 

というのも、出産の際に骨盤が開いてしまい、骨盤の状態は妊娠前の時に比べると位置が大きくに下がっています。

また、長い間安静にしていたということから身体全体の筋肉量も少なくなっているため、基礎代謝量なども落ちていることが考えられます。

 

また、産後は骨盤が開いてしまっているということから、そのそのスペースに内臓が下にどんどん落ちてきてしまっているのもお腹がたるんでいる原因になります。

 

この状態だとお腹の周りに脂肪がつきやすい状態となってしまうため、現状を悪化させないためにも早いうちから対処する必要があります。

産後にくびれがある人とない人の違い 

産後にくびれがある人とない人の違いは、先程の段落でお話ししたことと似ているのですが、こちらも骨盤が深く影響しています。

 

産後の骨盤をそのままにしているとお腹の周りに脂肪がつきやすくなってしまうと言うのは先ほど話した通りです。

すごくシンプルですが、産後にくびれを手に入れる人の多くは骨盤を元に戻すことにフォーカスしてダイエットをされている方がとても多いんです。


また、骨盤だけでなく筋肉量もくびれを手に入れる上では大事なポイントの1つです。
くびれがある人は、筋肉量の大切さも十分理解しています。

 

ボディービルダーのように大量の筋肉がなくとも、ある程度筋肉をつけていくだけで基礎代謝量が大きく変わってきます。

基礎代謝量と言うのは、簡単に言うと何もせずとも体がカロリーを消費してくれる量のことです。

 

なので極端な話、筋肉が豊富で基礎代謝量が多い方は、寝ているだけでも消費するカロリーの量がとても多いんです。

これはダイエットをする上で非常に効率の良い体質だと言えるでしょう。

 

産後にくびれを手に入れる人は、骨盤を矯正することや基礎代謝量の重要性をきちんと理解し、日常的に身体のケアを行っているようです。

産後にくびれをGETするのに効果的なタイミング

産後のくびれのタイミング

ここまでで、産後にくびれを手に入れるには骨盤がとても重要だという事がわかりました。

そこで、産後の骨盤矯正のタイミングについてお話していきたいと思います。

 

実は産後の女性の靭帯と言うのはとても柔らかい状態で、骨盤矯正や体のバランスを修正するのには、とても良い機会なんです。


その期間は産後およそ半年間までがベストだと言われており、骨盤矯正をするタイミングは産後およそ半年間が勝負だと言われています。


ですが産後1ヵ月は産褥期であり、安静にしてなければならない時期ですので、骨盤矯正のためのエクササイズなどのケアはこの時はお休みしてください。

多くの方は産褥期を過ぎて病院側からOKが出てからはじめています。


また、エクササイズ等での骨盤矯正は1ヵ月を過ぎたころから始めるのが基本ですが、骨盤矯正用のサポーター等を使うことで、産褥期から少しずつ骨盤ケアを始めるママもいます。

ただしそういったものを使う際はやり過ぎないように、注意をよく読んでから使っていくことを忘れてはいけません。


なお、産後半年を過ぎてしまうと骨盤が閉じた状態になってしまうと言われており、一度閉じてしまうとその骨盤を矯正するのが非常に難しくなってしまいます。

なので効果的な産後約半年のタイミングを逃さないようにしたいところです。

産後のくびれを手に入れる骨盤矯正の方法

産後のくびれには、適切なタイミングでの骨盤矯正が重要だと言うことがお分かりいただけたかと思います。

そこで今度は、具体的にどのようにして産後の骨盤を整えてくびれを手に入れていくのか?という部分についてお話をしていきます。

骨盤ベルトや産後ガードルをつける方法

これらのアイテムは理想的なくびれを手に入れるために、お腹のお肉を正しい位置に収めてくれるようにサポートしてくれるアイテムです。

これをつけながら育児をすることで、運動を続けるのが難しいと言う場合でも無理なく継続できるのでとても人気があります。

 

ですが早い段階から気合を入れすぎてきつく締めすぎてしまうと、それは逆に骨盤に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるので、その時の自分に合ったものを選ぶようにするのがポイントです。

エクササイズを実践してみる

産後の1ヵ月検診が過ぎたあたりから、だんだんとエクササイズを始める方が多いようです。

その際は骨盤を元の位置に戻すための簡単な体操や、腰回りを引き締めるためのスクワットなどを行います。

骨盤矯正マッサージなどを受ける

正しい知識を持ったプロの手を借りて、産後の骨盤ケアをするのが1番良いのではないかと思います。

産後の1ヵ月検診が終了し、特に体に問題がなければその時点から始めることができます。

 

もちろん自分でもエクササイズを行うことが重要ですが、骨盤矯正のマッサージなどを受ければ、何もやらないよりは確実に理想のくびれに近づくでしょう。

ヨガを行う

近年日本でも流行しつつあるヨガやピラティスなどは、体の歪みを改善してくれるほか、基礎代謝を高める効果や、心のバランスを整えてくれる効果もあるため多くの方に人気があるエクササイズです。

 

また本屋さんに行くと、わかりやすい説明のついたDVDが一緒になっている方も売られており、それがあれば自宅で簡単に行うことができます。

大きな負担もなく手軽にできる効率の良いエクササイズですので、日常に取り入れてみるのもありですね。

産後ダイエットにモデルの蛯原友里さんが行ったエクササイズ

蛯原友里さんは多くの方が知る有名モデルですね。彼女は子供を出産してから産後の体型を戻すためのトレーニングやエクササイズを欠かさずに行い、誰もが求めるような理想のスタイルを取り戻しています。
 
では彼女は一体何を行ったのか見ていきましょう。

ストレッチ

体の基礎やダイエットの基本はやはりストレッチだそうです。ストレッチを行うと体全体の柔軟性が整い、体内の代謝が良くなるんだとか。また、ストレッチを積極的に取り入れることでその他に行うトレーニングの効果も向上するそうです。

ヨガ

このページでも先ほどヨガについて特集がありましたが、蛯原友里さんは通常のヨガではなくホットヨガを取り入れたそうです。ホットヨガは、部屋の湿度と温度を非常に高い状態に設定した状態で行うヨガストレッチのこと。
これを行うことで老廃物の排出を促すようなデトックス効果や身体の柔軟性を高めやすいというメリットがあるようです。
このほかにも、
  • 骨盤ケアの効果
  • 美肌効果
  • むくみ解消
  • 冷え性改善
  • アンチエイジング効果
  • 太りにくくなる
など、様々な美容面でのメリットが期待できるんですよ。

パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングは私たち一般人にはあまりなじみのない言葉ですが、いわゆる体型戻しのプロの指導のもと本格的にトレーニングのプログラムを用意してもらい、それに沿ったトレーニングを行うと言うものです。

まとめ

産後のくびれについてまとめ

このページでは産後にくびれを手に入れるためにどうしたら良いのか?についてまとめていきました。


多くの方は骨盤を矯正していくことで、みんなが憧れるくびれを手に入れています。

ここでは骨盤を正しい位置に戻すための方法をいくつか紹介して行きましたが、まずは自分のできる方法を取り入れて、理想のくびれを手に入れましょう。♪