産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後の黒ずみを消す良い方法とおすすめアイテム紹介

産後の黒ずみのメカニズムや消す為の効果的な方法をわかりやすくご紹介していきます。

女性の体は、妊娠→出産を経て様々な変化がいたるところに現れます。その変化の1つとして黒ずみがあります。特に産後と言うのは肌が黒ずみやすい時期とも言われています。実際に産後の肌の黒ずみに悩んでいる方も多く、その解決方法にたくさんの人が悩まされています。

産後の黒ずみに悩む人

 

そこでこれから、産後の黒ずみに悩んでいる方のために、黒ずみの対策・ケアの方法などをご紹介していくのですが、まずは産後の肌に黒ずみができやすい原因を見ていきましょう!

[:contents]

なぜ産後は肌が黒ずみやすいのか

産後に黒ずみができやすい理由、メカニズムについて見ていきましょう。

産後のお肌の悩みとして、黒ずみだけでなく顔のシミやそばかすも挙げられます。まず妊娠中は、メラニン色素を増やす働きがあると言われている女性ホルモンのプロゲステロンと、エストロゲンと言うものが妊娠中に急激に増えます。(それはおなかの中の赤ちゃんの成長の為に妊娠中には必要とされるからです。)

しかしこのホルモンの働きによって、メラニン色素と言うものも同時に増えるんです。そのメラニン色素というのが、色素沈着が起こりやすく黒ずみになる状態にしてしまう犯人だったんです。

そのためそういったタイミングで、紫外線のケアなどを怠ってしまうと、黒ずみやお肌にしみ、そばかすが増えてしまうんです。

特にデリケートな部分に黒ずみができてしまうのは、先ほどお話しした女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンによる影響がとても強いんです。中でも脇の下や、乳首、デリケートゾーンと言うのは、メラニン色素がもともと多く存在する場所であり、女性ホルモンの影響受けて黒ずみやすい部分だと言われています。

 

あと、正中線もこのメカニズムに大きく関係しています。この線はおへそを中心として上下に伸びる黒っぽい先のことですが、実はこれも女性ホルモンのバランスの変化によることが原因なんです。

 

産後の黒ずみはどのようにケアしていけば良いのか

産後の黒ずみケア

では実際に産後に黒ずみが出てしまった場合のケア方法を紹介します。女性ホルモンのバランスによるメラニン色素の増加が原因でできてしまう黒ずみなどは、産後しばらくして、女性ホルモンのバランスが元に戻っていくにつれて、基本的にはだんだん薄くなる場合が多いというのが特徴なんです。

ただ、この情報を信じてあえて何もしないでいたら、「一向に黒ずみが改善されない!」と言う方も現実にはたくさんいらっしゃいます。

そこで、産後の黒ずみ改善で意識していきたいのが

  • これ以上黒ずみを悪化させないこと
  • ターンオーバーを促してガンガン肌を再生させること

そのためにまずは、ムダ毛処理の仕方を見直したり、下着をコットンのものにするなどしてお肌への刺激となる事を避けることが大切です。

なお、ムダ毛処理はカミソリでは刺激が強すぎるので、電気シェーバーがオススメです。

また、産後はお肌がデリケートになっているので、皮膚を傷つけないように優しく洗ってあげることも大事なポイントです。黒ずみが気になるからといって、油汚れを落とすように強くこすってしまうと逆に悪化してしまう原因となります。

顔も体も、保湿ケアを十分に行って意識的に黒ずみをこれ以上発生させないようにしつつ、皮膚のターンオーバーを促して、黒ずみを段々と消していくと言うことが大切です。

このようにきちんと保湿ケアなどを行い、古い角質が剥がれやすくなることで、徐々に下の肌に生まれ変わっていきます。

この仕組みを作ることが産後の黒ずみを改善するためのポイントです♪

しかしこの時に保湿ケア等を怠ってしまうと、肌のターンオーバーが鈍ってしまうため、黒ずみが回復するタイミングが遅れてしまったりしてしまいます。

 またこの時にメラニン色素を抑制するのも必要です。

そのためにはビタミンC誘導体などの美容成分が配合されたスキンケアアイテムを使うと良いでしょう。

 

ターンオーバーを促すコツ

産後の黒ずみ改善には肌のターンオーバーを促すことが大切なのは先ほどお話したとおりです。なお、ターンオーバーを促すためには、先ほど書いたように肌の乾燥を防ぐことも大切ですが、運動と睡眠も深い関わりがあります。

 

運動

簡単なウォーキングでもかまいませんので、体調が良い日は極力ウォーキングを行ないましょう。このような簡単な運動をするだけでも、血液循環が向上され、肌の回復に必要な栄養が届きやすくなるんです。

さらには、交感神経が優位になるためターンオーバーの活発化が期待できます。

 

睡眠

肌を再生させるためには、睡眠中に分泌される成長ホルモンが必要不可欠です。美意識の高いモデルさんたちが睡眠にこだわりが強いのも、こういったことが関係しているとも言われています。それほどお肌の再生には睡眠が大切なんです。

なお、睡眠の質を高めるためにも、寝る前はテレビやスマホは避けたいところです。テレビやスマホからのブルーライトは睡眠を促すメラトニンの働きを邪魔します。なので、寝入るのに時間がかかってしまいますし、睡眠の質が下がることも証明されています。

 

産後の黒ずみは妊娠中の対策が重要だった

中には今現在妊娠中で、産後の黒ずみを予防しておきたい!

と言う方もいらっしゃるかと思いますので、妊娠中の方向けの産後の黒ずみ対策もご紹介します。実は産後の黒ずみ対策は、妊娠中に行うことが非常に重要なんです。というのも、産後に黒ずみがたくさんできてしまう原因としては、妊娠中に女性ホルモンのバランスの変化によって黒ずみの原因であるメラニン色素も増加してしまうという話がありました。

このメラニン色素が悪さをして産後の黒ずみに強い影響与えるのですが、このメラニン色素を、増加してしまう妊娠中になんとかする必要があります。

 

妊娠中から行いたい黒ずみ対策

では、妊娠期にどんな黒ずみ対策を行なえば良いのかについて見ていきましょう!

 

紫外線対策

先ほども少し説明しましたが、妊娠中はメラニン色素が増加する関係で、紫外線対策等を怠ると黒ずみになりやすいと言うお話がありました。では具体的にどのような対策を取ったら良いのかと言うと

  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 帽子、日傘なのでこまめに日差しを避ける
  • サングラスをかける

などが挙げられます。また日焼け止めを顔に塗る際は、化粧水や乳液などでスキンケアをした後に塗るようにしてくださいね!

 

刺激を避ける

特に脇の下の肌と言うのはとてもデリケートで刺激にすごく弱いんです。なのでムダ毛処理などでダメージが蓄積してしまうと、それが原因で脇の下の黒ずみができてしまう場合があります。産後の黒ずみを予防したい場合はそういった刺激を避けましょう。

そのためには、最も肌に負担のない電気シェーバーが良いと言われています。サロンなどで脱毛する場合も最初はこの電気シェーバーを使って処理を行います。その理由はやはり刺激が最も少ない方法だからです。

逆に、肌に刺激が強く黒ずみが悪化しやすいのはカミソリだと言われています。カミソリは短い時間で手軽にわき毛の処理を行えるので使っている方がとても多いのですが、やはり肌に負担がかかりやすいものなので、電気シェーバーを使う方が良いでしょう。

 

ターンオーバーを活かす

黒ずみを薄くするには肌の保湿が重要です。黒ずみを薄くするには保湿を十分に行い、肌のターンオーバーを十分に生かすことがポイントです。

顔と同じく、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が豊富に配合されたものでケアをすると良いでしょう。また、ビタミンEを多く含む、アルガンオイル、アーモンドオイルを使って保湿するのも非常に効果的です。

 

ビタミンEを摂取

ビタミンEには抗酸化作用のほか、血液を良くし肌の新陳代謝を高める働きが強いんです。なので保湿ケアと合わせてビタミンEを取るのが良いでしょう。

さらにビタミンEはアーモンド、ヘーゼルナッツ、落花生、モロヘイヤ、かぼちゃなどにたくさん含まれています。

これらは、3時のおやつなどのちょっとお腹がすいたときに食べると良いものとされています。太り過ぎ予防のおやつとしても活躍されるアイテムなので、それらを食べるのも黒ずみ対策としてオススメかもしれません。

 

これらが妊娠中に行いたい黒ずみ対策になります。

 

妊娠線クリームは産後の黒ずみ改善に効果的

妊娠期間中に妊娠線を予防するために、妊娠線クリームを使っていたと言う方もいらっしゃるかと思います。実はその妊娠線クリームは産後の黒ずみ対策や、黒ずみを消すために大きな働きをしてくれます。
妊娠線クリームには、通常の保湿クリームなどにはないような、非常に種類豊富な美容成分が含まれており、肌の状態を柔らかく保つための成分や、肌のターンオーバーを促してくれる成分もたくさん含まれているんです。
つまり、出産後も妊娠線クリームを使って肌のケアを行うことで、肌が持つ本来の再生機能を活性化させることができ、黒ずみ(古い細胞)を速やかに排出し新しいものを作り出す効果が期待できるんです。もちろん黒ずみだけでなく、正中線や妊娠線を改善させる効果もあります。
こういったメリットが妊娠線クリームにはあるため、妊娠中に妊娠線クリームを使っていなかった。と言う方でも、黒ずみを改善するために妊娠線クリームを産後に購入した。と言う方もいらっしゃるんですよ。
 

新たに何かを買うならこのクリームがオススメ!

先ほど、妊娠期間中に妊娠線クリームを使った方はそれを使うのもオススメです。と言うお話をしましたが、中には本格的な妊娠線クリームを購入せず、一般的な保湿クリームを活用されていた方もいらっしゃるかと思います。
そして、産後の黒ずみ改善をする上で、何か効果的なものがあるならば試してみたい!と言うときにお勧めなのが「アットベリー」と言う黒ずみケアクリームです。
もちろん他にもいくつかの良い黒ずみケアクリームはあるのですが、私がアットベリーが最も良いと思う理由は、
  • 医薬部外品である
  • お肌に優しい
  • 内容量が他のアイテムよりも圧倒的に多い
  • 脇の下、お腹の先、乳首、デリケートゾーンだけでなくお尻、膝、背中などにも使える
  • 黒ずみ改善効果が高い
  • 返金保証制度が半年間もある(通常は60日間が多い)
といったポイントです。お値段は約5,000円近くするのですが、それ相応のメリットがあると私は感じています。
もちろん、先ほどお伝えしたようなナチュラルな黒ずみ改善方法も効果的です。実際にナチュラルな方法で、産後1年後に気づいたら黒ずみがだいぶ落ち着いていた。と言う方もたくさん見ています。
ですが、その一方で産後しばらくすれば黒ずみは全体的に落ち着く。と言う言葉を信じて待っていたところ、一向に黒ずみが落ち着くことがなかった。と言う方もいないわけではありません。
お急ぎの方、もしくは「待ってても治らなかった」と言う状況を絶対に避けたい。と言う方は、こういった黒ずみケアに特化したクリームを使ってみるとより効果的です♪

まとめ

産後の黒ずみ治った人

産後の時期は、妊娠中の頃の影響受けて黒ずみが目立ちがちですが、産後の黒ずみケア方法のところで書いたように、基本的に産後しばらくしてホルモンが元に戻ってくるにつれて、黒ずみはだんだんと薄くなっていきます。

 

その特徴を無駄にせず最大限に活かすためにも、これ以上黒ずみが悪化しないように予防する事、肌の回復を促すように、保湿ケアを十分に行う事、ターンオーバーを促すことが大事になってきます。