産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後の骨盤ケアを行う理由と安全で効果的な方法について

産後の身体のケアことを調べていると、どうやら骨盤ケアをした方が良さそうだと言うことがわかってきます。

産後の骨盤

しかし、実際に産後の骨盤ケアといっても、産後は体を回復させるためにも安静にしてなければいけない時期があったり、実際に骨盤ケアをするというのは、具体的にどういうことをするのかがわからない。という方も少なくないでしょう。


産後の体は出産時のダメージだけでなく、開きってしまった骨盤を放っておくだけでもいずれ様々な体の不調が生まれてしまいます。

それを避けるためにも正しい時期に正しい骨盤ケアをして、骨盤を元の位置に戻してあげる必要があります。

 

そこでここでは、実際に骨盤ケアをやった方が良い理由や、いつからできるのか?どのようなやり方があるのか?などといったような、産後の骨盤ケアについての情報をわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

産後に骨盤ケアをやった方がいいのはなぜ?

まずは産後の骨盤ケアが重要な理由について見ていきましょう。


産後の女性の体は出産に向けての体の変化や実際の出産の影響から、骨盤が緩んでとても不安定になっている状態なんです。

骨盤というのは、妊娠中からお腹が大きくなって、そこから圧力を受けて開く方向に力がかかり始めていきます。


そこに女性ホルモンが働きかけて、人体を緩ませて行きます。

そして妊娠後期の頃には骨盤がそり返り初めて、重心のずれた立ち方をしていると、左右の寛骨と言う部分がずれます。

 

出産のときには大量のリラクシンと言う女性ホルモンが分泌されてます。

リラクシンは、出産の為にあえて骨盤や関節などを緩くさせるホルモンです。

 

その働きで恥骨結合や、仙腸関節、骨盤底筋群などが緩んでいき、骨盤が大きく開いていきます。

しかし、そのあとにベルト等で矯正をしないで骨盤ほっておいてしまうと、リラクシンの影響で普段以上に人体が緩んだ状態で、骨盤が開いたままになってしまうため、必要以上に骨盤が不安定な状態が続いてしまいます。

 

リラクシンによって骨盤や関節がグラグラ状態は産後もしばらくの間は続くと言われており、産後半年間は骨盤が元に戻りやすいとも言われています。


ちなみに白人女性は、アジア人女性と比べると骨盤も大きい上に、赤ちゃんの頭も小さいので、出産のトラブルは少ないようなのですが、我々アジア人と言うのは骨格も小さく、比較的頭が大きいので、難産になる確率が多く、昔からアジア人は産後の骨盤でトラブルになる場合が多いようです。

 

もちろん出産の時にはリラクシンによる身体の変化が必要ではあったのですが、産後はこれをもとに戻す必要が出てきます。

 

ではそこで、骨盤ケアをせずにそのままにしておくとどうなるのかと言うと、

 

  • 産後から体重の増加が激しくなる
  • 出産育児をきっかけに慢性的な腰痛持ちになってしまう
  • 子宮脱、内臓臓器脱の恐れがある
  • 出産以降慢性的な尿漏れになりがち
  • 産後の生理痛などの、生理時の不快な症状が悪化してしまう

 

といったことがあります。


産後の骨盤ケアは、パッと終わるものではないですし、正直少々めんどくさいイメージがありますよね。

しかし、それを怠ってしまうと、身体の不調や体重増加などによってもっともっと大変な思いをしてしまうことにもなりかねません。

骨盤ケアはみんなやるものなの?

産後の骨盤ケアは、今では多くの人がやっているようです。

特に気にしないという方も中にはいるようですが、先ほどまとめたように何もせずに放っておいてしまうと、しばらくしてから体の様々なトラブルの元となってしまいます。

 

また、自分では骨盤ケアをしているつもりでも、それがきちんとできていなかったために、不快な症状を逃れることができなかったと言う方もいらっしゃいます。


産後の骨盤ケアは、正しい知識を身につけ、行っていくことが重要です。

産後の骨盤ケアはいつからできるの?

カレンダー

次に気になるのが産後の骨盤ケアのタイミングだと思います。

 

ただ、産後の骨盤ケアは方法が1つでないため、その方法にもよるのですが、産後1ヶ月以内から始められる簡単なものから、産後の一か月頃にある1ヵ月検診である程度の運動などが許可されてから始められるものもあります。


どんな方法があるかについては、この後の段落にいて紹介していきます。

産後の骨盤矯正は1年過ぎてからでも大丈夫?

産後すぐの骨盤矯正を怠ってしまった方は、半年を過ぎると骨盤が戻りにくいといわれています。

 

しかし、正しい骨盤ケアを行なうことで、半年を過ぎようが1年を過ぎようが、骨盤は次第に元に戻っていきます。

もちろんエステなどのきちんとしたところで骨盤矯正を行うことで、より効果的に骨盤ケアが行なえます。

 

ちなみに産後半年までの間が勝負だと言われているのは、骨盤矯正効果がエステなどに比べるとさほど高くないといわれている骨盤ベルトなどでの矯正の事なんだそうです。

産後の骨盤ケアの方法

産後の骨盤ケアをする女性

では産後の骨盤ケアの方法についてですが、骨盤ケアの方法は骨盤ベルトを使う方法、骨盤矯正エクササイズを行う方法、整体やエステに行く方法などがあります。

 

産後の骨盤ケアのタイミングの話をしたときに、ものによっては、産後1ヶ月未満からでも始められる骨盤ケアがあると言う話をしました。

それは骨盤ベルトのことで、骨盤ベルトにもいくつか種類があり産後数日経ってからできるものもあります。


ただそれを使う際も、使い方をよく読んで正しくケアを行うようにしてくださいね!

時期に合わない物を使うと、体調に影響が出てしまうことが考えられます。


残りの骨盤矯正エクササイズと整体やエステについてですが、基本的には1ヵ月未満に行うことが進められていません。

 

これらの方法は産後の一か月検診の際に、お医者さんからある程度の運動等の許可が出た場合に行います。


そうでないと、体の回復の妨げになってしまう恐れがあるからです。

 

骨盤矯正は時間がかかってしまいますし、骨盤が戻りやすいのが産後半年以内。なんて言われたら焦ってしまいますよね。

もちろんその気持ちはわかりますが、骨盤ケアを行うのに効果的なタイミングはそうそうすぐには終わらないので、産後1ヵ月間はとにかく安静にして、体をケアしていく準備をするつもりでいましょう。


また、産後の骨盤ケアをベルトやエクササイズなどで、自分だけで行うのでは不安だという方は、整体やエステに通うことをお勧めします。


正しく行うことで、自分でも骨盤ケアを行う事は可能ですが、やはりプロにやってもらうのとでは違ってくる場合もあるので、産後の自分へのご褒美として、そういった方法を選ぶのもありですね♪

本格的な骨盤ケアをお家でやりたい方

ここまで見てきたように産後の骨盤ケアにもいろいろあります。

 

先ほどご紹介した骨盤ベルトや簡単なエクササイズを行う方法はもちろんお家でできる骨盤ケアです。

それに加えて骨盤ケアを行う際は骨盤周辺の筋肉も一緒にケアしてあげるとより高い効果が期待できるそうです。

 

と言うのも、骨盤を支えるのは周辺の筋肉ですから、骨盤周辺の筋肉を鍛えてあげたりストレッチをして筋肉を柔らかくしてあげるといったようなアプローチをすることも骨盤ケアに効果的です。

 

そのためには股関節を柔らかくするストレッチや、ウォーキングやジョギングをするだけでも骨盤周辺の筋肉をほどよく刺激し鍛えてあげることにもつながります。

 

そうすることで同時にダイエット効果が得られますので、骨盤ケアをしながら産後ダイエットができるというのは一石二鳥ですね♪

 

あと、お家の中で本格的な骨盤ケアを行いたいと言う方はこちらで紹介されている骨盤体操をやってみるといいかもしれません。

骨盤体操と言うくらいですからもちろん産後の骨盤矯正に大きな効果が期待できます。

 

また、骨盤体操を行うことで産後の尿漏れにもアプローチをすることができるようです。

骨盤体操の歌い的なやり方や行うのに適したタイミングなどはこちらから確認できます↓

www.35labo.com