産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後の妊娠までの仕組みと産後初生理2人目の確率を高めるコツ

f:id:nextzone:20170410104749j:plain

産後の生理と次の妊娠の関係性について、ここでは特集しています。
なお、このページをご覧の方の中には、2人目、もしくは3人目を望んでおられる方も少なくないでしょう。
私の友人の話ですが、長らく妊活を続けていてもなかなか願いが叶わなかったのですが、妊娠するために知っておくべきことなどを徹底的に調べ、それを実践した結果少ししてから子宝に恵まれた。と言う話があります。
なので、もしあなたが次の子を望んでいるのであれば、このページで紹介する産後の次の妊娠に向けてできることの内容は、大変ためになる内容かもしれません。
なお、ここではまず最初に、以前に比べて産後初の生理のタイミングに妊娠しやすい理由や、妊娠の確率を少しでも高めるためにやっておきたいことなどを特集していきたいと思います。

産後の体の状態と産後に妊娠しやすいと言われる理由

産後初めての生理のタイミングと言うのは、以前に比べて妊娠の確率が高いと言われています。また、調べてみると、生理が来ないまま産後10ヶ月で妊娠したと言うママさんも中にはいらっしゃいます。
ではまず産後の女性の体は、どんな状態なのかを簡単に見ていきましょう。まず女性の体と言うのは、出産のタイミングをきっかけに、生まれた赤ちゃんを育てていくためにホルモンの力で体が変化していきます。
この時に分泌されるプロラクチンと言うホルモンの働きによって母乳の出が良くなったり、一時的に生理がストップします。
またこのプロラクチンと言うホルモンには、子宮収縮の作用があり、産後の体の回復を促進してくれる働きもします。ちなみにプロラクチンは赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれることでより効率よく分泌されます。なので、母乳育児をすると産後の肥立ちが比較的早いと言われています。
このプロラクチンが授乳期の間は豊富に分泌されるため、その影響から生理や排卵などが一時的に止められるので、この時期は妊娠する確率が限りなく低いと言われています。

産後初めての生理で妊娠しやすくなる理由

出産した後は、体内の子宮や卵管が綺麗な状態になっています。
なので、このタイミングで排卵が行われ受精卵ができた際には、子宮に着床しやすいと言われています。
この原理は流産後に妊娠しやすいと言われているのと同じです。
少し前の話に戻りますが、プロラクチンが分泌されている間は、生理が一時的にストップするため、妊娠する可能性は限りなく低い状態です。ですが、中にはミルク育児をされている方もいらっしゃると思います。その場合はプロラクチンの分泌量も少なくなるため、比較的排卵が再開しやすく、場合によってはすぐに妊娠する可能性も出てくると言われています。
これには個人差がありますが、早い方だと産後2ヶ月から3ヶ月で生理再開する方もいらっしゃいますね。

次の妊娠をしやすい状態にするためにできること

次の子供を望んでいる方にとって、どんなことをすれば妊娠しやすくなるのか?といったポイントは非常に重要ですよね。それについて一言でまとめて言うならば、健康的で居ることが何より重要です。これは出産する前とは変わりませんが、健康的な体を維持すると言う事は、出産してから次の妊娠をするまでの期間を縮めてくれるとも言われています。
そのためには、1日3食栄養バランスのとれた食事を食べ続けることや、体の状態が良い時は適度に体を動かしたり、生活リズムを整えたり、骨盤矯正を行うなど、様々な面から体の状態を健康的に保つことが重要です。
また体の健康には心の状態が大きく関係していますので、ストレスとの向き合い方も工夫する必要があります。産後は何かとストレスが多い時期である上、睡眠が十分に取れない時期でもあります。ストレスをコントロールするのは少々難しいかもしれませんが、朝起きたら朝日を浴びたり、適度に体を動かしたり、人と会話をしたりしてストレスを和らげてくれるセロトニンというホルモンを分泌させるのもストレスコントロールのポイントです。
なお、この段落の内容をまとめると、妊娠の確率を少しでも高めるためには心と体の状態を健康的に保つことが重要だということです。
そのためにできることは、挙げるとキリがありませんが、一般的に健康的な生活習慣や食生活と言われているものを積極的に取り入れることがポイントです。
何をしなければならない、何をしてはいけない。と言ったようにガチガチにルールを決めてしまうと、それはかえってストレスになってしまう可能性もあります。
まずは自分の今の現状を振り返ってきちんと把握し、改善できそうなものから少しずつ変えていきたいところです。

授乳期に妊娠をするコツ

今授乳中だけど、早く次の子が欲しいから何かできることはないか。
と言った時に試していただきたいのが、母乳育児からミルク育児に切り替える事です。
このページの前半部分でもお伝えしたように、プロラクチンの働きによって産後は一時的に妊娠しにくい状態となります。
ですが、育児の方法を母乳育児からミルク育児に切り替えることによって、プロラクチンの分泌を抑えることができ排卵を伴う生理の再開を意図的に早めることが期待できます。
先程の段落でも紹介した健康的な状態を保つと言うのも大切ですが、こういったテクニックを使うのも妊娠を早めるためのポイントになってきます。

授乳中でも妊娠検査薬は使えるの?

授乳中の人の場合、体の状態が少し特殊な状態になっているため、もしや妊娠検査薬は使えないのでは?と心配されている方もいらっしゃいますが、授乳に関するホルモンと妊娠を判定するのに必要なホルモンはまた別のものになってきますので、きちんと正しく使うことで、授乳中の方でも妊娠検査薬を使うことができます。

授乳中に次の妊娠が発覚した場合

今現在授乳中だけれども妊娠が発覚した。この場合は、無理に断乳する必要は無いのですが、念のためお医者さんの指示をもらったほうが良いでしょう。通常の場合授乳をすることが直接的な流産の原因にはならないと言われていますが、その辺の専門的な判断は自己判断で行わず、お医者さんの意見を聞くのが1番です。

断乳する際の注意点

妊娠中に次の子供の妊娠が発覚し、上の子の断乳を決めた場合、気をつけておきたいポイントがあります。それは、いきなり断乳をしないということです。もし上の子が生後半年以上であれば、少しずつミルクに切り替えて、上の子が1歳以上であれば、フォローアップミルクや離乳食などをメインにし、少しずつ母乳をあげる回数を減らしていきます。
このように、成長過程に合わせてだんだんと断乳に向けて変化させてあげることが大切です。

まとめ

f:id:nextzone:20170410104750j:plain

ここでは産後と次の妊娠に向けての内容について特集していきました。
次の妊娠に向けてより確率を高めるために知っておきたいポイントなどをご紹介しましたが、それを行うことで必ず願ったような結果になると言うわけでは無い事は頭の片隅に入れておいてくださいね。
ただ、少なくとも何もしないよりはそういった要素を取り入れることで、次の妊娠がしやすい状態になることは間違いありません。
何かできることはないかとお探しの方は、上記のようなポイントを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?