産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後にそばかすが濃くなる原因と根本的な解消法まとめ

f:id:nextzone:20170410155506j:plain

産後に濃くなってしまったそばかすにお悩みではありませんか?

そばかすに限らずですが、こういった様々な肌トラブルには大抵発生する原因と、発生する仕組みに合わせた的確な解消方法があります。
例えばですが、洗髪の際に爪を立ててガリガリ洗っていたことが原因で薄毛になってしまった方が、薄毛に良いシャンプーを使ってみたけど効果がなかった。
…これは当然と言えば当然ですよね。トラブルの原因や改善の仕組みが理解できていなければ、いくら高価なものを使っても、治るものも治りません。
それと同じように、なぜそばかすが発生したのか?産後のそばかすにはどんなアプローチをすれば良いのか?これをしっかりと把握し正しく実行することが改善への近道とも言えます。
ここでは産後にそばかすぎ濃くなる仕組みと、それに沿った適切な改善方法を特集していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

産後にそばかすが濃くなるのは女性ホルモンが原因

通常の時に比べると産後はシミやそばかすができやすいと言われています。
それはなぜなのか。これには妊娠から出産にかけて大きく変化する女性ホルモンのバランスが関係しています。
妊娠中の話に大きく関係ですが、この時期はエストロゲンと言う女性の美しさを支えてくれる女性ホルモンが増加します。このホルモンの働きによって私たちのお肌にハリやツヤが与えられると言われています。しかし、産後はこのエストロゲンの分泌量が、ジェットコースターのごとく一気に急降下します。
そうなると今までお肌の美しさを保ってくれたエストロゲンの存在が急に激減してしまいますので、その影響からお肌のバリア機能が低下し、外からの刺激を受けやすくなってそばかすができやすくなると言われています。
また、これとは別で妊娠中にはもう一つプロゲステロンと言う女性ホルモンも活発に分泌されます。これは妊娠の状態を正しく維持するために必要なホルモンなのですが、このホルモンの働きによって、そばかすの原因となっているメラニン色素をと言うものが発生しやすくなります。
つまり、妊娠期間からそばかすができやすい状態が作られていたと言う事でもあります。
また、このプロゲステロンと言うのは、分泌量が元に戻るまでには出産してからおよそ半年ほどかかると言われています。
そばかすができる原因は、細かく見ていくとまだあるといえばありますが、産後にそばかすが急激に増えたり濃くなってしまう原因はここにあると考えられています。

産後のそばかすケアはどうしたらいいの?

産後にそばかすが濃くなったり増えてしまう原因がわかったところで、次はどのような方向性で改善していけば良いのかと言う所です。
ここが1番重要ですね。
結論から言うと、お肌に対して外側と内側の双方のアプローチが重要になります。
そばかす対策!となると、日焼け止めをしたり、スキンケアアイテムなどを見直して外側の対策を取る方はたくさんいらっしゃると思います。
ですが、内側の対策は意外と無視されがちです。
しかし、お肌をケアする上では、外側が約40%、内側が約60%ほど影響すると言われており、内側からのアプローチがより大きな影響与えると言われています。
だからといって外側のケアを怠って良いわけではありませんが、外側のケアと内側のケアを同時に行うことで効率の良いそばかす対策ができるということになります。

産後のそばかす対策(外側)

外側のそばかす対策では、ご存知の通り日焼け止め対策は必須です。太陽から降り注ぐ紫外線は、私たちが想像している以上にお肌へ強いダメージを与えてしまいます。なので、まずはきっちりとガードすることが大切です。日焼け止めクリームや、帽子をかぶったり日傘をさすなど、こういった努力は決して無駄にはなりません。
また、スキンケアアイテムを駆使して低下しがちなお肌のバリア機能を補うことも大切です。
どんなアイテムが効果的なのかについては後ほど紹介しますね。
このように、お肌にバリアを作って、外からの攻撃から守ることが外側のそばかす対策の基本になります。

産後のそばかす対策(内側)

内側のそばかす対策では、そばかすの元となっているメラニン色素の沈着を抑制するためのビタミンC、お肌のターンオーバーを促進するためのビタミンAなどの摂取が効果的です。
具体的には、ビタミンCは赤パプリカやブロッコリーにたくさん含まれており、ビタミンAは鶏のレバーなどにたくさん含まれています。
なお、産後の授乳中の方は特に、赤ちゃんに対して必要な栄養素を考えることで精一杯かと思います。なので、こういったビタミンなどをサプリメントで摂取するのも1つの手段です。
そうでなく、できれば普段の食事から摂取したいと言う内容であれば、ざっくり言うと緑黄色野菜やフルーツなどをメインとした食生活を心がけると良いと思います。

睡眠の要素も重要

内側からのアプローチ力を高めるためには、睡眠の要素も無視してはいけません。なぜならば、寝ている間にお肌の修正をサポートしてくれる成長ホルモンと言うホルモンが盛んに分泌されるからです。
このホルモンは、体の代謝を促進してくれると言われており、食事によって摂取したそばかす対策に良い栄養などを、そばかすを改善するための所定の位置に運んでくれる役割を持ちます。
授乳中の方は睡眠時間が不定期であり小刻みになったりしますね。
ですが、お肌のケアに良い影響与えてくれる成長ホルモンと言うホルモンは、寝ている間は永遠と分泌されるものです。
なので、1時間の睡眠だろうがお昼寝だろうが、寝ている間にはちゃんと分泌されますので、この成長ホルモンをたくさん分泌させることを意識してみましょう。

産後の外側のそばかす対策にオススメのクリーム

f:id:nextzone:20170410155507j:plain

あくまで個人的にオススメなもの。になってしまいますが、私がお勧めするのは、妊娠中の方でも安心して使うことができる、敏感肌ブランドの薬用美白ケアと言われているPOLAのオルビスグループのサエルと言う美白クリームです。
ホルモンのバランスの影響によって非常に敏感な状態になっているお肌に対しても使うことができるクリームであり、しみ、そばかすに対する改善効果が期待できるものです。
公式ページを見てみると妊娠中のしみに出てアプローチと記載されていますが、ここまで見てきてわかったように、仕組みを見てみると産後の方でも効果的であることがお分かりいただけると思います。
なお、30日間の返金保証も付いているため、実際に使ってみてダメだったらどうしよう。と不安な方でも安心して使うことができます。
こういったアイテムに執着して他のそばかす対策を怠ってしまうのは良くないと思いますが、総合的なそばかす対策を行っていく上でこういったアイテムのサポート力を借りると言う内容であれば、非常に効果的だと思います♪

市販で良いものはないの?

手軽に手に入る市販のもので何かをお探しなのであれば、

  • お肌への安全性
  • 保湿効果が高い成分が含まれている

この2つのポイントをしっかり抑えたをされたものを選ぶことが大切です。
なお、何か気になる商品があった場合は、その商品が産後のお肌にも安心して使えるものかを店員さんに確認してみるのも1つの手です。
そしてそのアイテムにはセラミドなどの高い保湿成分がしっかりと含まれている事も確認しておくと良いでしょう。
このような基準でスキンケアアイテムを探してみると良いかと思います。