産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後の悪露はいつまで?色や量の変化と異常な時の対処法

 生理用品で悪露対策

産後、悪露の影響で出血が続いて驚かれたママさんもいらっしゃるのではないでしょうか?

悪露は、子宮内に残った胎盤や卵膜や血液など、様々なものが混ざりやった分泌物のことを指しています。それはまるで本格的な血液のように色が赤くなっており、その匂いも血液と似ています。まさに以前の生理の際の出血に非常によく似ているのが特徴です。

これ自体は産後の体の回復に深い関係があり、悪露が出ること自体は普通のことです。しかし中には通常よりも出血の期間が長く、何か身体に重大な異常が発生しているのでは?と不安になってしまう方もいらっしゃいます。

そこでこのページでは、悪露と適切に向き合っていくためにも、通常いつまで続くものなのか、どんな状態だとそれを異常と判断すれば良いのか、また、そうなったときの対処法としてはどんなことができるのか?これらの内容をページ内で一緒に見ていきたいと思います。

 

産後の悪露はいつまで続くもの?

悪露がいつまで続くかには多少個人差は出てくるものですが、一般的には子宮の回復とともに産後1ヶ月ほどで落ち着いてきます。

しかし中には、悪露が1ヶ月以上継続して続いてしまう場合もあります。後ほど詳しく紹介しますがそういったときには何らかのトラブルが考えられます。

その際はお医者さんに相談するのが一般的です。

 

悪露の発生から落ち着くまでの経過

悪露は始まったばかりの頃は出血量も多く、色がとても濃く、生臭いがするものです。しかし経過とともにだんだんと悪露にも変化が現れます。

産後1週間の悪露の状態

1週間経つと最初の頃よりも悪露の出血量が減ってきて、色も鮮やかな赤い色から茶っぽい色に傾いてきます。

しかし、出血時の特有の生臭い匂いはまだ残っています。

産後2週間から3週間の悪露の状態

このくらいになると子宮内膜の再生も完了してくる頃です。それに伴って悪露による出欠もだんだんと落ち着いてきてだんだんと血液の色も薄くなっていきます。

また臭いも落ち着いてくるでしょう。人によってはほとんど出ない位悪露が落ち着いていることもあります。

産後1ヶ月の悪露の状態

ここまでくると、通常の場合子宮口が閉じて悪露はほとんど出なくなるのが一般的です。

出てきたとしても限りなく白っぽい色で、あの独特な匂いもほとんどなくなります。個人差によりますがこの段階で悪露が完結する方もいらっしゃいます。

また、そうでなかったとしてもその1週間後か2週間後になる頃には、多くの方が悪露が完結します。

それ以降もまだ悪露が続くと言う場合は何らかのトラブルが考えられますので、お医者さんに相談することをお勧めしています。

 

次第に悪露が増えてきる…考えられる身体のトラブル

先程の悪露の経過の内容からすると、悪露は時間の経過とともにだんだんと落ち着いてくるのが一般的です。

しかし、時間の経過とともに悪露の量が増えてくる場合も稀にあります。この場合考えられる要因としては、悪露とは別のことが原因で出血していることが考えられます。

この場合は、自分自身でなんとかしようとせずに迷わずに産婦人科に相談することをお勧めします。

 

帝王切開の方の場合の悪露

帝王切開の方の場合は、通常よりも悪露が長引きやすくて2ヶ月近く継続する場合もあるそうです。

ただし、1ヶ月以上続いても次第に悪露が少なくなってきているのであれば、それは正常です。

それとは逆に悪露がだんだんと増えてきている場合は、他の要因で出血している可能性が考えられますので、帝王切開の方は2ヶ月近くは悪露が続くものだと捉えて、次第に悪露の量が増えてきている場合はお医者さんに相談するのが良いと思います。

 

悪露の対処方法

悪露は生理の時の出血になっているとは言え、特に初めてのママさんにとっては、どんな風に対処したら良いのかというところも気になるところですね。その際は産褥パッド、産褥ショーツなどを活用するのが一般的です。

なお、悪露は分娩が終わったらすぐに始まるものですので、あらかじめ多めに用意しておくことが大切です。

また、産褥パッドは通常の生理用品よりも吸収する力が優れています。ですが悪露専用の産褥ショーツと組み合わせて使うことでより悪露を防ぐ効果が増しますので、セットで活用することをお勧めします。

 

悪露の時期にこの症状がある場合は要注意

悪露のトラブルは、分泌量や期間が通常よりも長引いてしまっていること意外にも関連するトラブルがあります。

 

発熱が出ている

一般的に産後24時間から10日目の時期に現れる発熱のことを産褥熱と言います。

これは、出産の際の子宮の傷に悪露の排泄がうまくいかなかったりすることによる細菌感染が考えられます。

 

悪露の匂いが極端にひどい

初めての方の場合は、その匂いが極端にひどいものなのか通常のものなのかを判断するのは難しいかもしれません。

これについては感覚なので一概には言えないかもしれませんが、自分自身がもしもこれは通常の悪露よりも匂いがひどいであろうと思った時は、迷うことなくお医者さんに相談してみるのも1つの手です。

 

下腹部の痛みを感じる

下腹部の痛みについては産後の体の回復のための子宮収縮が影響していることがほとんどですが、それが産後1ヶ月以上過ぎても継続する場合は注意が必要です。

最近感染の可能性があるだけでなく、出産による傷が炎症起こしていることも考えられます。

また、継続的な痛みが1ヶ月以上続いている事だけでなく、突発的に激しい痛みがある場合などもお医者さんに診てもらう必要があります。

 

まとめ

産婦人科のナース

産後の悪露の経過が通常に行われないと不安に襲われてしまう気持ちもよくわかります。

しかし、悪露の場合は生活習慣や食生活の改善等で状態が良くなっていくようなものではありません。また、私たち素人ではその状態が何なのかを的確に判断することができません。

なので、悪露の対策方法としてはやはりお医者さんに診てもらうのが1番です。

このページでお伝えした内容は、その時の判断基準として参考にしていただければなと思います。そして、通常とは違う、これはお医者さんに診てもらった方が良いかもしれない。と少しでも何かしらの疑いがある場合は迷わずお医者さんに診てもらいましょう!

放っておいてしまうとさらに状況が悪化してしまうことも考えられます。