産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

下半身を集中的に痩せたい産後ママのための必勝ダイエットまとめ

妊娠前は普通に立っていても太ももにすき間ができるくらいだったのに、妊娠と出産で一気に太って太ももがぴったりくっついてしまうようになった・・・

このような悩みを持っていませんか?

太い下半身

産後ダイエットの中でも、ここでは「下半身をなんとかしたい!」「痩せたい!」という方のために、産後の下半身を細くするためにフォーカスしたとっておきの必勝ダイエット方法をご紹介していきたいと思います。
妊娠中に下半身太りが進んでしまって産後になって体重は戻ったけど下半身はそのまま・・・と悩んでおられるママさん必見です!

産後に妊娠中の下半身太りが治らない理由

 

妊娠中に太ももを始めとして下半身が全体的に太ってしまって「洋ナシ体型」になってしまうのは仕方のないことです。妊娠中は一流モデルや芸能人でも関係なく洋ナシ体型になります。

妊娠中に洋ナシ体型になるのは当然

理由はもちろん「お腹の赤ちゃんを守るために脂肪と水分をたくわえるから」というものです。ですが、そこから産後すぐに戻る方もいれば、なかなか戻らないという方もいるのが産後の下半身太りの実態なんですね。

ほとんどの方は、そこで食事制限や水分を制限して「むくみ予防に・・・」などといっている方もいらっしゃるのですが、それは間違いです。

この後の段落で、順を追ってちゃんとご紹介していきますが、まずは産後の育児中に食事量を減らすのは危険なんです。

また、むくみが嫌で早く改善したいなら、むしろ『水分は多く・こまめに摂る』ということが大切という前提条件があることを忘れないでください。

このような基本的な「毎日の食事や生活習慣の中での基本的な下半身太り対策」を実践して行くことで少しずつ下半身太りが解消されて行きますよ。

次の段落ではもうひとつ産後に優先させなければいけない「下半身太りを治すための対策」から見て行きたいと思います。

産後に妊娠中の下半身太りを治す方法とコツ

産後に妊娠中に起こった体型の変化を治して行くためのコツとして、先ほど軽く触れた食事と水分補給以上に最優先に行わなければいけないことがあります。

それは「骨盤矯正」です。

まずは骨盤矯正から

骨盤は妊娠後期にお産に向けての準備としてリラキシンというホルモン分泌によって骨盤の中心部にある「靭帯(じんたい)」の密着度がゆるんで柔軟性が増すことで骨盤が開いて行きます。

そうなることで、陣痛が来たら子宮口も開き始めて赤ちゃんが子宮口の近くまで降りてきて出産という順番に変化が起こる仕組みになっています。

なので、産後もまずは開いた骨盤を引き締めて元に戻すことから始めないといけないんですね。

 

骨盤矯正の方法はいろいろ

実は、骨盤矯正の方法はいくつかあります。

例えば、

  • 骨盤体操
  • 骨盤ベルトを活用
  • エステに通う

などです。

私の場合は、当時お金があまりなかったため、自宅で簡単に行える骨盤体操を行い、セルフケアという形で骨盤矯正を試みました。

なお、骨盤矯正に特化した専用のベルトがあればより効果的ですし、エステに通う時間とお金があるのであれば、プロに託すに越した事はありません。

結果的に、下半身痩せを行う為には骨盤を正しい位置に戻してあげれば良いので、それができるならばどんな方法でも特に問題はありません。

ご自身の状況やライフスタイルに合った方法を是非選んでください。

 

なお、産後の骨盤ベルトについては、こちらのページで詳しく特集されていますので、ベルトを活用しての骨盤矯正について知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

www.35labo.com

 

そして、自宅でお金をかけずにセルフケアと言う形で骨盤矯正を行いたい。と言う方は、こちらのページで産後のママさんに向けた骨盤体操のやり方などを特集しています。ぜひ参考にしてみてください。

www.35labo.com

 

下半身痩せの為の食事と水分補給

 

産後の授乳中に行うことができる下半身太り対策では、まずは水分補給が大切になります。

水分補給

なぜなら妊娠中に変化したホルモンバランスによって身体のいろいろな部分が水分不足になっているからということ、そしてもうひとつは出産自体が赤ちゃんを産みだすだけではなく、羊水の排出や妊娠中に増えた血液量が出血によって減るなど、急激なデトックスと言っても良い変化が起こるものだからです。

わたし達の身体はうまくできているもので、水分不足を感じると、生命維持のために水分をたくわえようとします。(身体の仕組み上のもので意志でコントロールはできない)これが、妊娠中の下半身太りが解消出来ない「産後むくみ」の原因なんです。

また、すぐに始まる授乳と母乳作りのためにもたくさんの水分が必要です。

もともと出産で大量の水分を失っているところに『待ったなし』でやってくる授乳が重なって、余計に水分不足が進んでしまうことになります。これが「むくみを悪化させる要因」なんですね。また、体内の水分は重力で下に落ちて行きますから、心臓やリンパ管、血管などのポンプの働きがあったとしても、それでも水分をたくわえてしまうとそれは「下半身太りが改善できない理由」になるんですよ。

なので、まずは水分をたくさん(1日当たり2.5リットル前後の水を飲む)ことを頃がけましょう。

そして、食事なのですがこれはカロリー制限を考える方もいらっしゃると思います。確かにカロリー制限は大切ですし、次の段落でもご紹介しています。

ですが、それよりも大切なことは「塩分と糖分を控えめにすること」が大切なんです。

糖分が太る原因になることはご存じですよね。ですが塩分の摂りすぎも体内で水分と結びついて下半身太りの原因になるということを忘れないようにしましょう。

授乳中のママさんにとってのカロリー制限

カロリー制限を行う事は授乳中の方でなくても、ダイエットをする上では重要なことです。しかし、もしあなたが授乳中なのであれば、カロリーコントロールを重視する事を私から強くお勧めします。

何故かと言うと、授乳中のママさんと言うのは、通常よりも1日のカロリー消費量がはるかに多くなっています。平均的には500キロカロリーから700キロカロリーも授乳によってカロリーを消費するのだそうです。これは例えばですが、カレーライスいっぱいあたりに相当するのだそうです。

つまり、母乳育児をしている最中は、約一食分のカロリー消費をナチュラルに行っているともいえます。なので、このタイミングを逃すのは非常にもったいないです。

 

では、このタイミングをダイエットに生かすためにどうするのが最適なのかと言うと、それがカロリーコントロール。と言うことになります。

普段の食事で低カロリーを意識することによって、母乳によるカロリー消費の足を引っ張ることなく、着実に体重を減らしていくことができるでしょう。

 

まとめ

下半身ダイエット成功

ここでは、下半身を集中的に何とかして痩せたい!という方に向けて、下半身やせのための具体的な方法をご紹介させていただきました。

なお、下半身にフォーカスしてダイエットを行うのであれば、骨盤矯正が必須ですが、後半部分でお伝えした「カロリーコントロールの要素」を同時に取り入れることで、限りなく短い期間で効果的な下半身やせダイエット効果が期待できるでしょう♪

ただし、授乳中の方は赤ちゃんへの栄養を最優先に考えなければいけませんので、そこだけは十分に注意して下さいね!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク