産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後に骨盤ベルトをつけると良い理由とオススメ3つ紹介

腰痛の木の人形

産後の体のケアについて調べると、歪んだ骨盤を元に戻すために骨盤ベルトをつけた方が良い。と書いてある記事を、一度は目にしたことがある方も少なくないと思います。
ですが、産後は骨盤ベルトをつけた方が良いとは頭でわかっていても、逆につけないとどうなってしまうのか、つけるとどんなメリットがあるのか、と言う部分は正直曖昧だと言う方もたくさんいらっしゃると思います。
また、いろいろある骨盤ベルトの中でもどんな基準で選んだらよいのか、と言う部分も重要ですよね。

そこでこのページでは、そういった内容をまとめてわかりやすく特集していきますので、これから出産を控えていらっしゃる妊婦さん、もしくは出産まもなくで骨盤ベルトの購入を検討されているママさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

産後は骨盤ベルトをつけなきゃいけないの?

結論から言ってしまうと、産後に骨盤ベルトをつけなければ必ず体が深刻な状態に陥ってしまう。と言うわけではありません。

ただ、絶対につけなければいけない。と言うわけではないかもしれませんが、「産後の歪んだ骨盤を放置する」と言う事は、非常に危険であり、身体的な不快な症状が多数発生する可能性が高くなる。と言う意味では、非常に多くのデメリットがあります。

具体的な症状として一部を例に挙げると、便秘、頻尿、尿漏れ、子宮脱、生理不順、太りやすくなる。こういった様々な不快な症状が発生しやすくなってしまいます。

どれも命に関わるような重大なものではないかもしれませんが、実際にこのような身体の状態になったことを想像するとものすごく大変ですよね。。

骨盤ベルトを着用し、きちんと骨盤矯正をすることにより、こういった症状のリスクを大幅に下げることができるのであれば、多少お金をかけてでも骨盤ベルトを購入し、日々着用し続ける。と言うのは、ぜひやっておきたいことですよね。

 

産後の骨盤ベルトを選ぶ時の基準

では、実際に骨盤ベルトを購入する際に知っておきたい、骨盤ベルト選びの基準についてお話ししたいと思います。

ここで重要視したいのが、サイズと素材です。

まずサイズについてですが、まずはご自身の腰骨種類を測って、自分の体周りのサイズに合ったベルトを選びます。

ただ、骨盤ベルトの本体に伸び縮みが可能なものや、その他のファスナーが付いていてある程度のサイズ調整が可能なものであれば、さほどシビアにサイズを気にする必要は無いかもしれません。

ですが、購入してからサイズが全然見当違いだった。となってしまってはもったいないですので、大まかにご自身の腰骨周囲のサイズを知っておくためにも、測っておく事はお勧めします。

次は素材です。骨盤ベルトは、数分もしくは数10分間つけるだけのものではありませんので、実際に付けていて辛くない素材やご自身に合った硬さのものを選ぶことがとても大切です。

特に重要なのが骨盤ベルトの硬さです。
ものによってベルトが難かったりやわらかかったりするのですが、割と硬い作りになっている骨盤ベルトの場合、骨盤をサポートする力が非常に高く骨盤矯正能力が高いといえます。

ですがその半面普段の動きがしにくくなってしまうと言うデメリットがあるので、日常生活の中で動きが多い方にはあまりオススメできないかもしれません。
かといって柔らかい骨盤矯正のベルトは、動きやすさやお肌へのフィット感などは良いかもしれませんが、骨盤矯正をしてくれる能力が比較的低い場合が多いです。

このようにそれぞれメリットデメリットがありますので、自分の中ではどちらかと言うと何が重要なのか。と言うポイントで選ばれると良いのかなと思います。

 

骨盤ベルトで人気の高いものを3つピックアップしてみた!

それでは、実際に多くの産後のママさんに選ばれている骨盤ベルトをご紹介していきたいと思います。
人気の骨盤ベルトはたくさんあるのですが、たくさんあげても逆に迷ってしまいますので、ここではあえて3つをピックアップしてそれぞれの特徴をご紹介していきます。

 

トコちゃんベルト2

骨盤ベルトと言えばとこちゃんベルト。と言われているほど、トコちゃんベルトは大変人気です。
トコちゃんベルト2のお値段は大体6,500円程度です。
こちらの良いところは、きちんとした医学的な根拠に基づいて作られており、産後すぐから着用することもでき、実際に病院からも推進されている骨盤ベルトであるという所です。
実際に口コミでも大変評判がありますし、これなら間違いない。と言うものを選びたいのであれば、トコちゃんベルト2が良いと思います。

 

骨盤サポートベルト マタニティ

こちらの骨盤ベルトのお値段は、約5,000円です。
こちらはあの下着メーカーのワコールから登場している骨盤ベルトで、骨盤周りのサポート力と同時につけ心地の良さを追求した骨盤ベルトになっています。
骨盤をしっかりと固定したいけど、動きの邪魔にならないものが良い。と言う方にはオススメかと思います。

 

キュッとベルト

こちらの骨盤ベルトは、ワンタッチで骨盤ベルトを着用できるため、簡単に着用できることで大変評判です。
骨盤ベルトは脱着が多いものですから、つけるのが簡単と言うのは非常に大きなメリットだと言えるでしょう。
また、値段が税込価格3,000円以下になりますので、骨盤ベルトを使いたいけどコストを抑えたい。と言う方に選ばれています。

 

産後の骨盤ベルトはいつからいつまでつけるべき?

骨盤ベルトはものによって産褥期からつけることができるものもあれば、そうでないものもある。という感じなので、何を選ぶかによりますが、早い段階から骨盤矯正を行っていきたいと言う方は、産褥期の方でもつけることができるタイプの骨盤ベルトを選ぶことをお勧めします。
そして、いつまでつけるべきなのかと言う部分については、だいたい長くても産後3ヶ月程度が目安だと言われています。

 

実際に骨盤ベルトを使っている方の声

ここで、実際に出産をした後に骨盤ベルトを着用された方の声をご紹介していきたいと思います。

 

私は産後1カ月間位しか骨盤ベルトを使っていませんでした。大体毎日1時間程度はつけることを心がけていましたが、なんとなく骨盤矯正のサポートの役に立ったような感覚は確かにありますよ。

私は入院期間の1週間しか骨盤ベルトをつけていませんでした。ですがその後しばらくはかなり後悔しました。着用が不十分だったせいか骨盤が歪んだ状態のままになっていた時期があり、色々と体の不調に発展してしまいました。今ではかなり高額なお金をかけて骨盤矯正を行っています。

産後に大変お世話になった骨盤ベルトですが、今後も腰が痛くなったときに使うと楽になるとの事だったのでとっておいていたのですが、確かに時々発生する腰痛の際に骨盤ベルトを着用すると腰の痛みが和らぐので、今でもお世話になっています。

 

骨盤ベルトはつけないようにつける方が絶対に良い

母と赤ちゃん

産後は何かと出費があり、決して楽では無いかと思いますが、そこで骨盤ベルトをだけをしてしまうと後々体に大きく響いてしまい、そこで余計に時間とお金がかかってしまった。という事は珍しくありません。


また、出産と言う大仕事を頑張った自分をいたわることも大切です。
骨盤ベルトは、産褥期で本格的な骨盤ケアができない時にも大変役に立つアイテムですから、自分に合ったきちんとしたものを1つ持っておくと便利かなと思います。