産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後の髪型はロング?ショート?ヘアスタイル失敗談

ロングヘアの女性

髪型は、産後のママさんにとっては意外と重要な要素となります。
中には、もともとロングヘアだったけれども、ショートヘアにイメージチェンジしようと検討されていらっしゃる方もいるかと思います。
また、その逆もいらっしゃるかと思います。
ですが、特に初産のママさんにとっては、実際の育児生活ではどんな髪型が育児に適しているのかメリットやデメリットを含めて、あらかじめ知っておきたいですよね。
そこでこのページでは、育児中のママさんにとってのショートヘア、ロングヘアそれぞれのメリットやデメリットを詳しくまとめていきたいと思います。
また、髪型を変えるときに知っておきたいいくつかのポイントについてや、実際に髪を切る際に注意したいポイント等についてもご紹介していきたいと思います。

 

産後のママが髪型を変える際に知っておきたいこと

まず最初に知っておきたい事は、頻繁に髪の毛を切りに行く時間が作りにくいと言うことです。
産後の育児生活は当然、日々忙しさを極めますから、自分自身のことに時間を使う事は簡単なことではありません。
そうともなれば、次に美容院に足を運べるのはもしかしたら半年以上先になるかもしれないですから、そういったことを想定した髪型のオーダーをすると良いかと思います。
また、実際の育児生活では、とにかく時間短縮をしたくなるかと思います。
そうなると髪を乾かす時間が圧倒的に短くて済むショートヘアが産後のママさんには人気になってくるのですが、髪の毛がついていたりうねりが出てしまう天然パーマの方の場合だったりすると、ショートヘアが逆にネガティブになってしまう場合だってあります。
なので、ご自身の髪の毛の質をしっかりと把握しておくことも大切です。

 

ロングヘアのメリットとデメリット

それではロングヘアのメリットとデメリットについて見ていきましょう。
まずはロングヘアのデメリットです。

  • 赤ちゃんに湿った手で引っ張られるとめちゃくちゃ痛い
  • ロングヘアだとやはり時間がもったいない
  • 子供が歩き出すと、自分が横になって寝ていると髪の毛を踏まれることがある。とても痛い。
  • 髪の毛の維持費にとてもお金がかかり、想像以上に家計を圧迫してしまう

次にロングヘアのメリットです。

  • 時間がない時でも結ぶだけでセット完了
  • 寝癖が付きにくい

いろんな方の声を見ていたところ、このようなメリットを感じている方が圧倒的でした。

 

ショートヘアのメリットデメリット

それではまず最初にショートヘアのデメリットについて見ていきましょう。

  • 寝癖がつきやすい
  • 朝のセットに相当時間がかかる
  • ショートヘアだと髪の毛のおしゃれを楽しみ切れない

次にショートヘアのメリットです。

  • 抱っこしている赤ちゃんに髪の毛がかかってしまうこともない
  • 髪の毛を乾かす時間が圧倒的に短いのはやっぱり楽
  • 抜け毛の掃除がしやすい

すごく細かい部分になりますが、毎日向き合う事ですから、先輩ママさんが感じてきたメリットやデメリットを参考にして、ご自身の中でベストな髪型を選びたいですね。

 

現在妊娠中なら臨月のうちに美容室に行っておこう!

今現在妊娠中であるならば、臨月のうちに美容院に行って髪を切っておくことを強くお勧めします。
なぜならば、産後は想像以上に時間を作ることが難しく、実際にある団体の調査によると、約30%の方が5ヶ月以上も髪の毛を放置していたと答えたそうです。
人によっては、誰かに赤ちゃんを任せて美容室に通うことができるかもしれませんが、そうでない方もきっと少なくないと思います。
となってくると産後は当分美容室に通えませんので、臨月のうちに産後の髪型をどうするか決めておき、あらかじめ切っておくことをお勧めします。

 

産後は結局どっちの髪型がいいの?

髪型

結局のところどっちの髪型にすれば良いのか。と言う部分は、ご自身の好みになってくるかと思います。
ページ内でもお伝えしたように、ショートヘアにもロングヘアにも、それぞれメリットとデメリットがあります。
どうしても決めることができないのであれば、最初はロングヘアにしておき、どうしても育児中はロングヘアはダメそうだ。と感じたならば、美容院に行けそうなタイミングの時に、バッサリ切ってショートヘアに変更する。どういった流れが良いのかなと思います。
結局のところご自身の好みになってしまいますが、ご自身の産後の生活を想定したり、ページ内でお伝えしたような先輩ママさんの意見を踏まえて、自分にとってはどの髪型がベストなのかを決めてみてはいかがでしょうか。