産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後のゆるゆるはセルフケアで解決!ポイントは膣トレ

運動する女性

 

産後のゆるゆるにお悩みではありませんか?

実はこのような悩みは産後の多くの女性が抱えており、実際にインターネットでは「産後にお医者さんからオーケーが出てセックスを再開したものの、ゆるゆるになってしまったせいで途中で夫が萎えてしまった。ショック…」といったリアルな声もあります。

誰でも愛する旦那さんとはセックスレスにはなりたくないものですし、体の状態が原因でそうなってしまうのであれば、何とかしてそれを改善したいところですね。

そこでこのページでは、産後の膣のゆるゆるにお悩みの方に向けて、具体的なセルフケアの方法等についてまとめていきたいと思います。

 

産後にゆるゆるになるのは本当?

経膣分娩の場合、大きく成長した赤ちゃんの頭や胴体などが膣から出てくるわけなので、当然一時的に膣が広がった状態になってしまいます。
なので、残念ながら産後にあそこがゆるゆるになってしまうのは仕方がないことなのです。
先ほども1つ体験談ご紹介しましたが、膣がゆるゆるになってしまえば夫婦生活がうまくいかないきっかけになってしまいます。
放っておいたら元に戻るとも言われていますが、みんながみんな何もせずに自然と元の状態に戻ってくれるわけではありません。
放っておいてしまった結果、産後をきっかけに緩んだ状態が続いてしまっている。と言う方も少なくありません。

なので、何もせずに膣の状態が元に戻るのをおとなしく待っているのはあまりオススメできません。
これからご紹介するセルフケアを実行することで以前のような力を取り戻し、夫婦間の慢性的なセックスレスを未然に防げるかもしれません。

 

ポイントは骨盤底筋を鍛えること

この後、産後のゆるゆるを改善するためのエクササイズについてご紹介しますが、根本的にゆるゆるを改善していくためには、膣の付近にある骨盤底筋と言う筋肉をエクササイズによって鍛えていくことが必要となります。
そうすることで、肛門を始め膣などをキュッと締める力が強くなりますので、産後のゆるゆるを改善する効果が高く期待できます。

 

産後のゆるゆるを改善するセルフケア「膣トレ」のやり方

それでは、産後のゆるゆるを解消するための膣トレをご紹介していきたいと思います。
YouTubeなどで検索しても出てくるのですが、手軽さや実感度なども踏まえて個人的にオススメなのは、バスタオルを1枚活用する骨盤挟み体操と言うものです。

用意するものはバスタオル1枚もしくはクッション、枕でも構いません。
バスタオルを折りたたんでくるくる巻いた状態の柔らかさと大きさが近いものであれば、枕などで代用しても問題はありません。(ぬいぐるみを活用するのもありですw)
用意するものはこれくらいで、実際のやり方についてお話ししていきます。

  1. まずは丸めた状態のバスタオルを太ももに挟みます。
  2. そして内側のモモの筋肉と肛門の筋肉を意識しながらぎゅっと目一杯力を入れて、5秒から10秒間程度キープします。
  3. この時に深呼吸をしながら使っている筋肉にフォーカスすることが重要です。

基本的にこれを休み休み繰り返すだけで充分なのですが、応用編もあります。

先ほどまでの流れと大きく変わりは無いのですが、今度はタオルが動いてしまわないように気をつけて、ゆっくりと膝を曲げて最も辛いところで5秒から10秒間程度その状態をキープします。(基本的には先ほどと同じように、太ももや肛門の筋肉を意識して目一杯力を入れます。)

 

回数について

なお、力を入れてキープする秒数やそれを行うセット数などは、やっていく中で自分に適した数字を見つけていきましょう。
あえてここで何秒間行いこれは何セットを行いましょう。と言うことができますが、人によって何秒間を何セット行うのが適切なのかは当然変わってきます。

まずはこれを5セット程度から始めてみて、後はまだまだ行けそうならセット数を増やしてみたり、どのようにしたらよりきつく感じるか、と工夫したりしていくのも大切です。

 

産褥期の無理なエクササイズは避けよう!

エクササイズ女子

ここでご紹介したような膣トレなどのエクササイズは、産後のゆるゆるを改善する効果も期待できますし、その他には

  • 尿漏れや頻尿
  • 姿勢の改善
  • ダイエット効果

などその他様々なメリットにもつながります。
なので、健康的な体作りをすると言う意味でもとても魅力的なエクササイズなのですが、産後の産褥期のうちはご存知の通り体の内部が十分に回復できていませんので、この時期に無理をしてしまうと産後の肥立ちを遅らせてしまう原因となってしまいます。

ですので、産後の1ヶ月検診などでお医者さんから簡単な運動から再開していきましょう。と指示が出た場合始めるようにしてください。
指示が出てからにはなりますが、出産してから行うタイミングが早いほど効果が現れやすいそうなので、できるだけ早い段階からこういったエクササイズを取り入れて以前のような膣の締まりを取り戻していきましょう♪