産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後のお腹のたるみの意外な原因とは?!引き締めの為の効果的な方法まとめ

産後ママのたるんだお腹

産後は目まぐるしい育児生活や、様々な身体的トラブルに悩む時期でもありますが、多くのママに共通する悩みの1つがお腹のたるみです。

子供出産したら自然とまた元に戻るかな。と思いきや、意外とそううまくはいかないんですよね。

ですが、原因をしっかりと理解した上でそれに対する的確なアプローチをすることができれば、お腹のたるみを引き締めることが可能です。
このページでは、なぜお腹のたるみが発生するのか、そしてそれがなぜなかなか元に戻らないのか、といった根本的な原因をおさらいし、それに対する的確な引き締めの仕方等についてまとめていきたいと思います。

産後のお腹のたるみの原因は脂肪だけじゃない?!

お腹がたるんでしまうと言う事は、単純に皮下脂肪がめちゃくちゃ付いている事が原因として考えられます。
しかし、産後のお腹のたるみの場合はそれだけでなく、皮が伸びてしまっていることも考えられるのです。

妊娠期間を通してだんだんとお腹が大きくなるにつれて、お腹の皮膚や周辺の筋肉が伸びていきますよね。
それが出産してから一気にしぼむわけですが、この時のお腹の皮膚の状態は、一度膨らませたゴムと似たような感じです。

産後ママの皮膚には、これと同じような現象が起きているんです。
それに加えて産後の体の中の状態と言うと、骨盤が開いていたり内臓が下に下がっていたりと、脂肪がつきやすい条件がたくさんあります。

このような状態であることから、ちょっと脂肪が付くとダルンダルンにたるんだお腹になりやすいのです。

 

妊娠期間に伸びきった皮は、このままずっと戻らない?

皮膚は一度伸びきってしまうと一生戻らないイメージがありますよね。
ですが、これについてはしっかりとケアしてあげることにより、年齢にかかわらず少しずつ戻るようになっていきます。
もちろん、年齢が若ければ回復力は早いですが、高齢出産の方でも正しいケアを継続することで次第に元に戻っていきます。
しかし、逆を言ってしまうと正しいケアができなければ、伸びた側はそのままで延々と固定されてしまうこともあるようです。

その正しいケアと言うのは、シンプルに皮膚が乾燥しないようにクリームなどで保湿してあげることです。
特にお風呂上がりにこういったものを活用することが大切です。
お肌がしっかりと保湿されていると、体内の新陳代謝が正常に行われるようになり、新しい皮膚の再生が早まります。
このサイクルを正常に回していくことが、たるんだお腹を改善するための正しいケアに繋がります。


産後のお腹のたるみ改善のためにできる3つのこと

産後のお腹のたるみを改善していく事は可能です。
そのためにできる3つのポイントをご紹介していきます。

 

骨盤矯正を行う

骨盤矯正では、骨盤ベルトを活用したり骨盤矯正体操などを行ったり、いろんな方法があります。
骨盤を元の位置に戻さないと、産後の開ききった骨盤のところをめがけて、内臓がどんどん重力によって下に押し下げられてしまいます。
こうなってしまうと、体内の血流が滞ったりして結果的に基礎代謝が低下し、太りやすく痩せにくい状態になってしまいます。
逆に骨盤矯正を行うことによって、そういった状態を根本的に改善することができます。
なので、だんだんと体を太りにくく痩せやすい状態に傾けることができ、お腹の引き締め効果が高まっていきます。

 

食事の見直しを行う

現在授乳中なのであれば、極端な食事制限などは絶対に避けていただきたいのですが、授乳中の方でもある程度食事の内容を見直すことが可能です。

体内に脂肪が蓄積されてしまうというのは、要は自分が必要以上にカロリーを摂取してしまっているからですよね。
なので、食事の見直しではナチュラルにカロリーの摂取量を抑えられる状態を作っていきます。
そのやり方として、1番シンプルで授乳中のママさんも安心して行えるのが、食事のジャンルをヘルシーな和食に切り替えると言うことです。
日本で古くから伝えられている和食と言うのは、深く知るとびっくりするぐらい、人間の健康のために必要な栄養がバランスよく補給できるんです。
それでもってたくさんの野菜が使われていますから、下手に揚げ物などを選ばなければ基本的にはヘルシーです。
つまり、赤ちゃんに必要な栄養をバランスよく補給できる上に、ヘルシーな食生活にすることができるわけです。

下手に余分なカロリーを摂取せずに、バランスの良い栄養を美味しく補給できるわけですから、和食は本当にすばらしいと思います。
私も最初は和食料理なんてできませんでしたが、今ではクックパッドを見ればいろんなレシピが出てきます。
産後に避けるべき食べ物を避けたい場合は、クックパッドで「産後 和食」といったような感じで検索すれば、産後ママさんにお勧めのレシピがたくさん出てきます。

今ここで和食を覚えてしまえば、今後のダイエットや健康維持にも役立たせることができますよね。
決して無駄にはなりませんので、赤ちゃんの為にも今和食メニューを少しずつマスターしていくのも良いかもしれませんね♪

ちなみに、いくら和食がヘルシーだからといって、ガツガツ食べすぎてしまっては意味がないですので、あくまで腹八分目程度に食べることを心がけると効果が出やすいですよ。

 

お腹の筋肉を鍛える

お腹の筋肉を鍛えるための方法としては、上体起こしなどが有名ですが、当然それでも構いませんし、お腹を鍛えることができれば他の方法でも構いません。

お腹を鍛えることによって、シンプルにお腹を引き締める効果が期待できます。
その他に、お腹を鍛える。という行動をすることによって、ぶよぶよとついてしまった脂肪を効率よく燃焼できる状態を作ることができます。
ある筋トレ好きの方曰く、

常に稼働しているところには、余分な脂肪がつかない。
だから、常に稼働させてやれば余分な脂肪がつくことなんてないんだ。
それを証明してくれているのが手の甲だ。

という話があります。

確かに、ある程度太っていても、手の甲がぶくぶく太っている事はあまりないですよね。
それは、日常生活の中で常に稼働さしているからなのだそうです。
なので、日常生活の中で腹筋を意識した運動を心がけることで、余分な脂肪をつけずに減らすことができるかもしれませんね♪

 

産後のたるんだお腹は自分次第で元に戻る!

産後の引き締まったお腹

ページ内でいくつかポイントをご紹介していきましたが、産後のたるんでしまったお腹は、仕組みを理解した上で適切なアプローチをしていけば元に戻す事は可能です。
しかし、やらなければたるんだ状態が固定されてしまう可能性もあります。

また、こういったたるんだお腹に対するケアは、産後6ヶ月の間に集中的に行うのがベストです。
それを過ぎると全く意味がないって言うわけでは無いのですが、効果が高まりやすい期間に集中的にやってしまう方がママが楽だと思います。
体が回復して、ある程度いろんなことができるようになったらぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?