産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

バブリアボディは産後ダイエットに使える?成分や効果はどう?

今回は産後の体型戻しダイエットの味方になってくれるバブリアボディという脂肪燃焼ジェルについていろいろな角度からご紹介したいと思います。

f:id:nextzone:20180814203915j:plain

産後の体型戻しがなかなかうまくいかない・・授乳中で体重は減るけど、太ももは太いままだし、二の腕のたるみも気になる・・・こんな悩みを持っていたらぜひ試して欲しいのがバブリアボディなんです。

バブリアボディの特徴は?

バブリアボディの特徴を分かりやすくシンプルに書くと次のような感じになります。

  • むくみやセルライトのボコボコ肌を塗るだけでスベスベに
  • 塗った直後にシュワシュワ泡立つ新感覚脂肪燃焼ジェル
  • 温熱作用成分で代謝を促進、脂肪分解と排出を助ける
  • 落とした脂肪の再定着を防ぐアルゲエキス配合
  • スキンケア美肌成分もたっぷり配合

バブリアボディが他の脂肪燃焼ジェルと違う点についてシンプルに分かりやすくまとめるとこのような感じになります。

また、後ほど成分と効果についてご紹介する部分でもう少し詳しくご紹介しますが、バブリアボディは温熱作用を発揮する成分も少し他とは違う特徴があります。

高級エステサロンでリンパマッサージなどの施術で使われる温感ジェルでも使われているバニリルブチルというバニラ種子由来の温感・代謝促進に優れた成分の他にも黒コショウ由来の血行促進成分も加えられていて、発汗を促すと同時に代謝を高めて脂肪燃焼をサポートするという仕組みの『脂肪燃焼“スパークリング”ジェル』がバブリアボディなんですね。

バブリアボディは産後ダイエットにどう?

もちろん使えます。先ほど冒頭でも特徴の一つにスキンケア美肌成分がたっぷり配合されているとご紹介しましたが、その中でももっとも肌を労わる効果が高いと言われていて高級化粧品にも配合されている成分が『オタネニンジン根エキス』です。

オタネニンジン根エキスは、新陳代謝(肌のターンオーバー)を活性化させる働きがあるという研究報告があります。

産後ダイエットには、妊娠中にお腹の赤ちゃんを守り育てるためにミネラルをたっぷり含んだ脂肪や水分をたくわえる性質になります。また、その脂肪は産後に時間が経過すればするほど『酸化して内臓脂肪として定着してしまう』という困った性質も持っているんです。つまり、お産から時間が経つほど太りやすく痩せにくい体質になってしまうんです。

かと言って、できる限り産後ダイエットは早く始めた方が良いと言っても、お産のダメージが抜けきっていない身体では無理も出来ません。

そこで、バブリアボディの温感作用を持つジェルが血行を促進させて、代謝をあげることで激しい運動や無茶な食事制限をしなくても少しずつ確実に痩せて行くことができる可能性も出てくるというわけなんです。

また、バブリアボディはこのオタネニンジン根エキス以外にも、肌を労わる成分がたっぷり配合されているため、肌に負担を掛けずに継続することで効果が出てくるという使い方もできるようになっているのも産後ダイエットにおすすめな理由の一つです。

バブリアボディの成分と効果

バブリアボディの成分と効果についてそれぞれの成分別に特徴を簡単にご紹介します。

バニリルブチル

バニラエッセンスに使われるバニラの種子から抽出される成分で、温感作用があり保湿効果もある成分です。肌のうるおいを助けつつ部分痩せのための代謝を高めてくれるんですね。

グレープフルーツ果皮油

名前の通りグレープフルーツの皮から抽出される成分で、吸収力が高く皮下組織の下にあるリンパの流れも良くしてくれます。また、当たり前かも知れませんが、香りが良くてシトラスの爽やかな香りがします。

アルゲエキス

アルゲエキスは、海藻類の仲間の藻類のひとつで『褐藻(かっそう)』から抽出される成分です。ミネラルが非常に豊富に含まれていて、浸透性が良く新陳代謝を高めてダイエット効果を助けてくれる働きがあります。

ヒマシ油

ヒマシ油はデトックス効果が高い成分で、温感効果で分解された脂肪が再定着しないように排出する働きがあります。血行を良くしてくれる成分でもあります。

ショウガ根茎エキス

名前の通りショウガの根茎に含まれる成分。ショウガには代謝を高めるダイエット効果があるのはご存じの方も多いと思いますが、発汗を高める成分として配合されています。

イソラムネチン

イソラムネチンは、イチョウの葉から抽出される成分で、抗酸化力が高いポリフェノール群のひとつです。血行を促進する働きと抗炎症作用がある成分です。

 

バブリアボディに含まれる成分は、ここまでにご紹介したものが主なものです。これらの成分には基本的に副作用はなく安全性が高いのですが、体質の個人差によるアレルギー反応は出る可能性もゼロではありませんので、バブリアボディを塗ってみて肌に赤みや湿疹などの異常が出るようなら、すぐに使用を中断して皮膚科の専門医に相談しましょう。

バブリアボディを手に取った感触や匂い

バブリアボディはポンプボトルになっていて手に取りだしてみても、その時点ではただ粘性のあるジェル風な感じがするだけです。肌に塗ってからがシュワシュワと泡立ち始めて温感作用が感じられるようになる不思議な脂肪燃焼ジェルです。

新感覚の脂肪燃焼ジェルという感じなのですが、肌に塗った後は少しベタつきがあるので、発砲作用がおさまったら洗い流しましょう。この一番最後の『洗い流し行程』があるので、バスルームで使うのが一番便利に感じると思います。

バブリアボディの使い方・塗り方

バブリアボディの使い方は本当に簡単で『ただ塗るだけ』なんですが、せっかくならもっと積極的に無駄な脂肪を燃やしたり、老廃物を追い出したりしたいところです。そこで、身体の部位ごとに塗り方をコツ的な感じでまとめてご紹介します♪

もうひとつ基本的なことですが、塗るのは夜でお風呂に入っている時に塗ります。

・首筋・鎖骨

首筋から鎖骨にかけてバブリアボディを塗るときは、耳の裏側からあごの横、のど元を通って鎖骨の中心部へとリンパの流れに沿って塗り込んで行きます。こうすることで翌朝の顔のむくみが軽減されますよ。鎖骨のキレイなラインが出てくるのにも役立ちます♪

・腕・肩周り

手首から肘、二の腕、肩、鎖骨へここでもリンパの流れに沿って『老廃物よ出てけ~』という感じで手のひらで撫でるように塗り込んで行きます。二の腕のたるみの解消につながるのでおすすめですよ。

・お腹・わき腹

わき腹からお腹の中心へ、そしてみぞおちに向けてマッサージで老廃物を流して行くようにバブリアボディを塗り込みます。こうすることでわき腹のぜい肉に含まれる老廃物を追い出して行きます。老廃物がなくなれば身体がすっきりしますし、ウエストのくびれだって取り戻せるかもです!

お尻

お尻は、身体の他の部分とちょっと違っていて、お尻のほっぺを円を描くようにマッサージしながら老廃物を上半身に流れて行くようにしましょう。産後のデカ尻を解消するきっかけになります。

太もも・ふくらはぎ

太ももやふくらはぎは『むくみ』がそもそもの太りやすい原因です。そのため、身体の末端部(足先や足首)からふくらはぎ、ひざの裏側、太ももへという具合でマッサージして行きましょう。老廃物は、体内に水分として溜まっているので、特に夕方以降は下半身に落ちて行っているためです。

こうしたマッサージを毎日続けて行くとむくみの原因になる老廃物の排出と脂肪の燃焼を助ける成分が配合されているのがバブリアボディなんですよ。

バブリアボディを最安値で買う方法

バブリアボディを最安値で買う方法は、メーカー公式サイトでの注文が一番お得です。

楽天やアマゾンでもバブリアボディは取り扱っていますが、そのどちらもメーカー公式サイトのような『まとめ買い割引がない』ということと、さらに送料別途であったり、そもそも値段自体が高かったりしているためです。

また、もうひとつメーカー公式サイトの方が良い理由として、楽天やアマゾンでは『二次小売店が販売しているため不良在庫の処分品などを買わされてしまう可能性もある』というリスクがあるということは知っておいて欲しいですね。

当然なのですが、各ショップ単位で見ると一度評判が良いからとか話題になっているからという理由で仕入れたとしても売れずに残っていれば、在庫品として倉庫や店舗のバックヤードで残っているうちに品物の鮮度は落ちて行って、正しい効果を発揮できないものになってしまっている可能性もあります。

ましてバブリアボディの場合は、肌に塗るとシュワシュワ泡立ってくるという特殊な性質を持っているため、鮮度が落ちると泡立ちが悪くなっていたりすることも考えられます。

こんなリスクを知らずに最安値だけを追い求めて楽天やアマゾンで注文すると、届いて使ってみたら不良品だったけど、返品は受け付けてくれない・・なんていうトラブルが起こってしまうかも知れません。注意したいですね。