産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後の授乳中のレーザー脱毛はヤケドに注意!!

妊娠していたころに増加したデリケートゾーンや脇などの体毛にお悩みではありませんか?

その中でも産後の授乳中のママさん、脱毛はちょっとまってください。
ムダ毛処理にも様々な方法があり、レーザー脱毛を検討されている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

レーザー脱毛をする女性

しかし、産後は女性ホルモンのバランスが完全に元に戻っていないことが多く、言ってみれば妊娠中のデリケートな肌と同じ状態だとも考えられます。

なお、レーザー脱毛による火傷はやたら肌が赤黒く、痒みを伴うといわれています。
もしそうなってしまったときは薬をもらえるのですが、ある方はそれを塗ってもある程度のケアをしても中々治らず、1ヶ月を過ぎたあとも腕にまだらな火傷による模様が残っているんだそうです・・・。

産後の授乳中のママさんは脱毛にレーザーを選ぶのは危ない?

 先ほども触れたように、産後の肌はとてもデリケートなので、通常よりも火傷になりやすいという見かたもできます。

なお、根拠は後ほどまとめて行きますが産後の肌には特にレーザー脱毛はあまりオススメできないようです。

ですが安心してください、ここでは肌がデリケートな産後のママさんでも安心して行なえる脱毛方法も合わせて紹介しています♪

足のムダ毛をレーザー脱毛をしている

妊娠中・産後すぐに体毛が増える理由

女性の体は妊娠するとプロゲステロンと言う女性ホルモンの分泌が盛んになり、そのホルモンの働きによって体毛が濃くなってしまうと言う話は既にご存知の方もいらっしゃるかと思います。

しかし、なぜそうなってしまうのかと言うと、胎盤内の赤ちゃんのために母体のお肌をはじめとする身体中のありとあらゆる所から水分を集めようとする働きがあるのですが、その際にお肌を外部の刺激から守ろうとする本能が働いて体毛が増えると言われているんです。

特にデリケートゾーンやリンパの通りが盛んになっている脇の下等は他の部分よりも体毛が増えやすい傾向にあると言われています。

ここまでは妊娠中に体毛が増えてしまう仕組みのお話でしたが、産後間もなくもこのような状態が続くと言われています。

それは何故かと言うと、産後間もなくは確かに女性ホルモンの分泌が減少していくのですが、完全に元の状態に戻っているわけでは無いからです。
つまり、完全に女性ホルモンのバランスが元の状態に落ち着くまでの間は行って見れば妊娠中の時のように体毛が増えやすい条件が残っているとも考えられます。

このような理由から、産後すぐも体毛が増えやすい状態にあると言われています。

 

妊娠中のムダ毛(体毛)は産後にちゃんと抜ける?

巷では、妊娠中に増えてしまったムダ毛は産後になればだんだんと抜けてくると言う噂があります。
確かに、先程の段落の内容から行くと女性ホルモンの分泌が落ち着いてくることで、産後しばらくしてから余計に増えてしまった体毛はちゃんと抜けてくれるのではと言う考え方もできます。

それは確かにその通りで、基本的には産後しばらくして女性ホルモンのバランスが元に戻って、子宮の状態も回復し、生理が再開するくらいのタイミングで少しずつ増えすぎたムダ毛も抜け落ちていき、元のきれいな状態のお肌に戻っていくと言われています。

なので、急いでムダ毛処理をしたい!すぐになんとかしたい!
と言う内容でなければさほど焦る必要もないのかもしれません。

 

産後半年以内のムダ毛処理方法

ここまでの内容で、産後しばらくすれば妊娠期間から増えすぎてしまったムダ毛は徐々に行け落ちていくことがわかりました。
しかし、すでに生えてしまっているムダ毛は全く気にならないわけではありませんよね。。

ホルモンバランスが落ち着く頃まで待てない!
と言う場合にお勧めしたいムダ毛処理の方法は、カミソリとワックス脱毛です。

中でも1番手っ取り早いのはやはりカミソリです。
しかし、カミソリでムダ毛処理をする場合は、お肌の保湿、冷却を十分に行うことと専用のクリームを使うことが必要不可欠です。

こういった細かいケアを雑に行ってしまうとお肌への刺激となり、その部分の黒ずみの原因ともなってしまいます。

 

www.35labo.com

 

産後のデリケートゾーンの黒ずみの原因と改善法


なので、ムダ毛処理をカミソリで行う際は保湿などのケアを徹底して行いたいところです。

カミソリで足のムダ毛処理

一方、お肌をいたわりながらもムダ毛処理を行いたいと言う場合はワックス脱毛がオススメです。
ワックス脱毛は、妊娠中の方には子宮収縮の危険などがあったためお勧めされていませんでした。
しかし、産後の場合はそういった危険性の心配などもありませんので、ワックス脱毛による処理を行うことが可能です。

最近では、自宅で自分で行えるワックス脱毛のアイテムも多数販売されております。
空いた時間に自分で処理したいと言う方は、ネット通販などで脱毛用ワックスを購入して自分でムダ毛処理をしてしまうのもありかもしれません♪

 

脱毛サロンや医療脱毛はダメ?

産後のムダ毛処理を自分で行うのではなく、本格的な脱毛サロンや医療脱毛をしてみたいと言う方も中にはいらっしゃるかもしれません。

ですが実を言うと、脱毛サロンでのムダ毛処理も、医療脱毛でのムダ毛処理も、どちらもおすすめできないと言われているんです。

  

脱毛サロンが産後におすすめできない理由

まず脱毛サロンによる脱毛ですが、脱毛サロンでは正式な資格を持った人による脱毛ではないため、家庭用脱毛器と同じフラッシュ式の脱毛を行っています。

ですが、そもそも一般家庭でも使えるような家庭用脱毛器でも、産後ホルモンのバランスが未だ変化し続けているデリケートなお肌状態の方には刺激が強すぎると言われています。

それに対して脱毛サロンで使われている業務用のフラッシュ式の脱毛器は、一般家庭で使われているような脱毛器よりも出力が高いため、さらに刺激が強いと言われています。

そのためとてもお肌の状態がデリケートな産後のママさんには、こういった脱毛方法はあまりおすすめできないんです。

医療脱毛が産後におすすめできない理由

医療脱毛では、国に認められた資格を持った専門の方がレーザー脱毛、ニードル脱毛のどちらかを行ってくれます。

きちんと資格を持った方がやってくれる施術になるため、安全なのかと思いきや、どちらの方法も先程の理由と同じで、女性ホルモンのバランスが安定しておらずお肌の状態がデリケートな産後の方にはとても刺激が強すぎると言われています。

なお、お肌がとても敏感になっている状態でレーザー脱毛を行うと通常よりもお肌が火傷してしまうリスクも高いと言われています。

またニードル式の脱毛では、毛穴に直接針を刺して電気を通して毛根を直接消失させると言う脱毛方法です。

これはかなり効果の高い脱毛方法ではあるのですが、先ほど紹介した脱毛サロンでのフラッシュ式の脱毛よりもはるかにハードな痛みを伴う脱毛方法だと言われています。

これらの理由から、産後のホルモンバランスの変化が完全に落ち着いていない状態の方には、どちらの脱毛方法もあまりお勧めできないと言われています。

ワックス脱毛をする女性

 

産後の脱毛事情まとめ

ここでは産後の授乳期の脱毛について見ていきましたが、先ほどお伝えしたように産後のお肌の状態は通常よりもはるかに敏感な状態であるため、脱毛サロンや医療脱毛等はあまりおすすめできません。

なので、すごくシンプルな方法ではありますが、丁寧にケアした上でカミソリを使ってムダ毛処理を行うか、ネット通販などで販売されている脱毛ワックスを使った脱毛方法を行うのが1番安全で確実ではないかと思います。

また、脱毛ワックスによるムダ毛処理はカミソリによるムダ毛処理とは違って、皮膚の表面を削るような恐れがないため、お肌をいたわりながら脱毛をしたいと言う方には脱毛ワックスを使ったムダ毛処理がおすすめです。

なお、当サイトでは産後の授乳中の方でも安心して使うことができるオススメの脱毛ワックスを紹介しているページもございます。

このタイミングで流行のワックス脱毛をやってみたいと言う方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?