産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

赤ちゃんのケガについての体験談|部屋の中にある小物にも要注意!

 今回は産後の育児中に困った体験談というよりも『育児中に慌てた出来事から学んだこと』といった感じのお話を寄せて下さった方のお話を一緒に見て行きたいと思います。

今回のテーマは『我が子のケガ』についてです。

f:id:nextzone:20180216162505j:plain

生まれたばかりで起き上がったり、ハイハイをしたり歩いたりといったことがない時は問題ないのですが、離乳食を食べられるようになって、いろいろなものに興味を持ち始めると同時にハイハイやつかまり立ちができるようになり、ケガをする心配が出てき始めます。

また、その逆にある程度大きくなって自我が芽生えてくる頃になれば、それなりに子供が自分自身でも気を付けることができるようになりますが、そうなるまでの間が非常に危険と言えるでしょう。

そんな時期にどういったことに注意した方が良いのかなども今回の体験談から見て行ければと思っています。

出血におどろきパニック!我が子を連れて里帰り中の子供のケガ

長男が、生後8ヶ月の頃にケガをしたことについて書きます。
私が、偶然実家に里帰りしている時にケガをしてしまいました。
普段は、私も危なくない場所で遊ばせたり気を付けているのですが、実家に帰っていて気が緩んでいました。
妹に長男を見てもらっているときに長男が、金具で左目の上を切ってしまいました。
妹が、慌てていたのでおかしいなと気がつきました。
妹も見ていてくれたのですが、偶然間が悪くて左目の上を切りました。
血が沢山ポタポタと垂れ落ちました。
私は、沢山血が出ているので心配になってきました。
長男も痛いのか、ワンワン泣き出して泣き止みませんでした。
夜の20時頃でしたので、病院も空いておらず夜間救急に車を走らせました。
当時は、妹も弟も独身でしたので手伝ってくれました。
本当に助かりました。
幸いにも、車で15分くらいの病院に着きました。
そこで、色々検査をしていきましたが異常は見られずに目の上をテープで固定するだけで済みました。
長男も、その後も調子は悪くはならずに元気になっていきました。
目の上を切ったことで、パニックになっていた私も落ち着きました。
やはり、沢山の出血を見ると私は、少し大丈夫か心配になり不安になりました。
ちょうど、母や兄妹がいたので助かりました。
本当に回りの人の大切さがわかりました。
息子は、その後は2回程同じ病院に行きました。
そして、1ヶ月後には完治しました。
子供がケガをすることが、こんなに大変なことなのかと、感じさせられる出来事でした。
それから、しばらくは子供から目を離すのが怖くなりました。
そのケガを経験してから、いざと言うときにも焦らないでいることが大切だなと、かんじました。
パニックになりますが、やはり落ち着いて考えて行動することが大切だなと、かんじました。
私は、それからは大きなケガを息子にさせることもなく来ています。
私は、今では3人の子供がいますがかかりつけ医者を持ってなるべくそこに行くようにしています。
また、ケガをさせないようになるべく目を離さないようにしています。
台所には、入れないようにゲートをつけています。
なるべく子供達のケガを未然に防ぎたいと思っています。
私の知り合いでは、アイロンで火傷をさせてしまった、ママなどを知っています。
皆さんあのときに、もっと気を付ければ良かったなと、皆さん言われています。
育児に『我が子のケガは付き物』だと感じます。
3人の子供を育てていますが、やはり一人一人小さいですがケガをしています。
これからも、子供に気を付けながらなるべくケガをさせないようにしていきたいと、感じています。
また、ケガをした場合は周りに聞く人がいるならば、色々情報を得ることが大切だと思います。
一人で悩むと良い考えは浮かびません。
私のように焦ってしまわないためにも、まわりに力を借りることも大変重要な考えだとおもいます。
現在も、私は実家の母や義理の母や父に相談して動くことが多いです。
自分の意見も大切ですが、落ち着くためにも他の人の意見を聞くことも大切にしています。
子供のケガは、本当に大変で困ることも多いです。
また、いつするかも分かりません。
的確な判断をして、子供達を守っていきたいと、強く感じました。
これからも、子供達のことを最優先にケガの少ないように育児に心がけていきたいと思いました。
私の、今まで体験した子供のケガについて文章を書きました。
最初の育児は、右も左も分かりませんが母は、強くなります。
子供達と、なるべくケガをしないように対策をしつつこれからも、育児を楽しんでいきたいなと、感じています。
子供の成長がこれからも、楽しみになっている今日このごろです。
以上です。

一人遊びを始めた頃に子供がケガをしやすいもの

今回の冒頭でも軽く触れましたが、子供のケガについては『一人遊びを始める頃がもっとも起こりやすい』と言えるでしょう。

 

このような時期にケガをしてしまいやすい物としては・・・

  • ボールペンやシャーペンなどの筆記用具
  • 爪切り、耳かきなどのサニタリー用品
  • テレビやエアコンなどのリモコンの乾電池
  • 小銭、衣類のボタンなど小さな物
  • 冬場ならばストーブやファンヒーターなどの熱くなるもの

こういった物はとても危険です。本当になんにでも興味を持って自分の手で直接触ったり、口に運んで噛んでみたりすることでいろいろなものを覚えて行くので『ママからすると片時たりとも目を離すことができない』という時期が続くことになります。

また、表面的なケガだけならば治るものであれば『これも経験!』と思うこともできるかも知れませんが、誤飲事故は子供の命に直接関わってしまうことで、しかも呼吸がおかしくなったり、様子がおかしいというところに気づかない場合は命の危険もあり得ます。

 

www.35labo.com

 

誤飲事故も含めた子供のケガには十分すぎるほど気を付けていても起こってしまうものと言えますが、すぐにでも病院に連れて行かなければならないものとそうではないものという部分の判断をしっかり冷静にできるようにしたいものです。

 

誤飲で焦った体験談|とっさのときにわたしが取った対処法は子供を逆さにすること!

今回も産後の子育て中で困ったことの体験談を一緒に見て行きたいと思います。

今回のテーマは、どこのお子さんでもあり得る『誤飲トラブル』についてです。

誤飲してしまった子供を抱えて吐き出させるママのイラストイメージ

うちの子が誤飲してしまった!そんな時はまず・・・

新生児の頃は誤飲はめったに起こるものではありませんが、乳歯が生えて来てママやパパと同じような食事をすることができるようになってくると、いろいろなものを自分の口に入れて確かめようとすることが多くなるため誤飲による事故が一気に増えます。

誤飲事故は、3歳までの子供の死亡原因の第1位にランクされていて、しかもちょっと目を離した隙に大人のわたし達では考えられないようなものを飲み込んでしまっていることが多いんです。

また、誤飲事故そのものよりも『その後の対処法によって子供の生死を分けてしまうことが多い』ということも報告されています。

今回、体験談を投稿して下さった方も我が子の誤飲トラブルでとっさに取った対処法を送って下さったので一緒に見て行きましょう!

子供の誤飲事故発生!?わたしが取った対処法は・・・

子供の室内での事故、小さい子の誤飲には気を付けなければいけません。
細かいものが手の届くところにないように最大限の注意が必要です。

生まれたばかりでベッドから出ないでいる頃は良いのですが、離乳食を食べ始め、ハイハイも始めるころになって動き出すと部屋中をかき回されます。

私も子供が動きだした頃から部屋の中の手の届くところに誤飲しそうなものは置かないように注意していました。

何にでも興味を持ち始める子供に小さな物は危険!

要注意の場所はテーブルの上や床だけではなく・・・

わたしも産後の定期健診のときに『子供が一人遊びを始めたら小さなものをそこら辺においておくのは絶対ダメですよ』と注意されていました。

子供の誤飲事故の怖さをきっちり教え込まれたわたしはテーブルの上や床は当然ですが、そういったところ以外にも『引き出しの中』も注意していました。

引き出しにしまっておいても引っ張り出されてしまうので、引き出しにロックをつけるか引き出しの中身を空にしておくなど、かなり気を付けていた方だったと思います。

しかし子供が7か月頃に、誤飲によるトラブルがあり本当に青ざめました。

まだ立てないけれど、お座りやずりばいで動くようになった頃です。

何にでも興味を持ち始めて、しかも注意もあまり聞けない時期。
平日の夫が不在中、私が一人で子供を見ている時の出来事でした。
我が家はリビングに続く寝室にウォークインクローゼットがあるのですが、その中も入れるようになってしまったので、細かいものは片付けていたつもりでした。
その中は洋服や箱に入った靴だけ。その中に入ったり出たりして遊んでいました。
心配なものがないので、多少目を離して自由に遊ばせていた時です。私はキッチンか別の部屋に行って戻ってきて、ふとこどもの顔を見ると苦しそうにしているのです。
一瞬で自分の血の気が引くのがわかりました。誤飲しそうなものはないはずだし・・・服に着いていたボタン?でも服はハンガーにかかっているし・・・。

とっさにこどもを抱えると『ぐう~』という妙な音がして焦りました。

何が起こったのかは分からないけれど、とにかく『何かがのどに詰まっている』という感じでした。
こういう時の母親の野生の勘と言うか・・・ピンとくるのもすごいと思うのですが、すぐに子供を逆さまにして吐かせました。


逆さまにして吐かせるというのは以前育児書を読んで知ってた知識でした。
直前に飲んでいたミルクを豪快に吐きました。でも詰まってた物がでたのかよくわからず、震える指で、小児救急を呼ぼうと電話したのですが、パニックで夜間救急のダイアルにかけていたのでアナウンスだけでかかりませんでした。
真っ青になりながら、改めて救急の番号にかけようとふと子供を見るとケロリとして元気そうになっています。
そしてお座りをして今自分が吐かせられたミルクの中から何かを見つけたようで、不思議そうに手で触っていました。
『え、ちょっとそれ!!』
手で遊んでいたのは靴箱に貼られていた靴のサイズ表示のプラスチックのシールでした。親指の爪位の大きさのものです。
「24.5」と私の靴のサイズが表示されています。
これが誤飲の正体でした。
あわてて奪い取り、一気に安堵と疲労感。
あーよかった、何事もなくて・・・。
おそらくいろいろ物色していたら目線の先に靴箱があって、表示のシールを触っているうちにとれたので、なめてみたらするっと入ってしまったのだと思います。
子供はその小さい手でわりと器用に細かいものをつまみ出したりします。
そして、何でもなめて確認するので油断禁物です。
今回はまさかの事態でした。まさか靴箱のシールまで、、何があるかわかりません。
ただ、事前に吐かせ方の例を本で知っていたので、とっさに対応することができよかったです。
シールは小さかったので、そのまま飲み込めれば大丈夫なものですが、万が一のどに引っかかったままになっていたら命を落としていたかもと思うと・・・今考えてもゾッとします。

万が一の救急の連絡先も、今回はかからなくてむしろよかったのですが、本当に救助が必要な時にすぐに適切な場所に連絡できるように日頃から確認しておくのが大事だなと思いました。
子供の事故は突然起きますので、その時にパニックであたふたしないように、最低限の対応方法はシミュレーションしておいて損はないと思います。
私のすごく焦った誤飲トラブル体験でした。