産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

赤ちゃんが38度以上の高熱に!その時にできる適切な対処方法と病院へ行くべきタイミングまとめ

 今回は、大切な赤ちゃんが突然高熱を出してしまった場合の対処法と注意すべき点について、わたし自身の経験も交えてお話しして行きたいと思います。
小児科の先生に聞いた注意点も一緒に見て行きましょう。

発熱で泣く赤ちゃん

初めての子育てで赤ちゃんが突然38度以上の高熱になってしまったら慌ててしまうというのも無理はありません。
とはいえ大切な赤ちゃんが熱を出してしまって慌ててしまうと、正しい対処が出来ずに赤ちゃんの発熱が脱水症状を伴う危険な症状になってしまうことも。
そこで今回は、決して赤ちゃんが熱を出してしまっても冷静に対処ができるようにおさえて置くべきポイントをしっかり分かりやすく見て行きたいと思います。
 

突然赤ちゃんが高熱に!ママができる対処法

 赤ちゃんが高熱に苦しんでいる状況でいきなり冷静を保つ事はなかなか難しいかもしれませんが、ここでママが慌ててパニックになってはいけません。
まずは冷静になって赤ちゃんの症状を見極めることが大切です。もし赤ちゃんに発疹や嘔吐、下痢、発赤といった症状がなければ、その日は様子を見ましょう。
なぜかというと、発熱自体が免疫機能が出来上がり始めた証拠であり、初めての発熱というのは免疫機能の試運転的な位置づけで高熱が出ることがほとんどなんだそうです。
また、免疫機能によって出る発熱は病原菌やウイルス、雑菌といったものと身体が闘っている証拠なので、熱が出たからといって病院に連れて行って解熱剤を投与したりするのはかえって免疫の働きを妨げてしまうことになり、決して良くないからなんだそうです。では次の段落で「赤ちゃんの発熱で様子を見るときにどういった手当てをしてあげるのが良いのか」という点について見て行きたいと思います。

赤ちゃんの発熱で様子を見るときの手当ての仕方

先ほど、赤ちゃんが発熱したときに「まずは慌てずに様子をみることが大切」とご紹介しました。わたしも免疫機能に関しての話しは小児科の先生に聞いて初めて知ったことなのですが、初めてうちの子が38.5度の熱を出したときには慌てて冒頭でお話ししたように電話をしてアドバイスをもらいました。そのときの「手当ての仕方」をまとめてご紹介したいと思います。まずはポイントを一覧でご覧いただきたいと思います。
  • 発熱以外の症状がないことを確認します。(下痢、発疹、嘔吐などがないこと)
  • 赤ちゃんの身体を温めてあげます。(赤ちゃん自身の免疫で外敵を倒す手助けになる)
  • この状態で1~2日様子を見ます。(この後に汗をかき始めたら外敵除去完了のサイン)
  • 1~2日様子を見て熱が下がらないようなら病院に連れて行きましょう。
むやみに出ている熱を下げようとしないようにするのがポイントだそうです。
また、様子を見ている間にかいた汗で身体が冷えてしまわないように汗は拭きとってあげて肌着も小まめに替えてあげましょう。汗をかき始めたら水分補給も大切になってくるので、冷たい水ではなく、湯ざましや麦茶などで水分をあげて下さい。
わたしたち大人も風邪をひいてた最初のときは身体を温めるようにしますよね。あれは免疫機能の働きで風邪のウイルスを退治する働きを助けることが目的なので、赤ちゃんが熱を出した時も最初はまず「赤ちゃん自身の免疫の働きを助ける」ことが大切ということなんですね。
 

もしもこんな場合は赤ちゃんを連れて病院へ

1~2日の間、身体を温めてあげて汗を拭いたり、肌着を替えてあげたりしながら様子をみて、それでも熱が下がらない場合は病院に連れて行きましょう。
また、発疹や下痢、嘔吐などの熱以外の症状がある場合は様子を見ずにすぐにお医者さんに連れて行って下さい。
高熱以外にも症状がある場合の病名については、後ほど詳しくご紹介しますが赤ちゃんの免疫機能はまだ充分に発達しているとは言い切れないからです。

冷えピタでおでこを冷やすのは効果的じゃない?!

高熱が出ているならば、おでこに冷えピタなどを貼っておでこを冷やしてあげたいところですが、多くの赤ちゃんはこれを嫌がりますし、実際はあまり効果が高くないのだそうです。
もしも39度を超えるような高熱だった場合、濡れたタオルを用意して赤ちゃんの首の付け根や、リンパの部分や脇の下など、体の温まりやすい部分を冷やしてあげると効果的です。
あと、これはとても大切なことです。赤ちゃんは実は体温調節機能がまだ完全に発達していません。なので冷た過ぎるもので急激に冷やしてしまうと体温が急に下がってしまいます。
これはこれで良いことではありませんので、ほどよくひんやりとした濡れたタオルで先ほどお伝えした部分を冷やしてあげてくださいね。
 
なお、赤ちゃんの体を冷やすタイミングは、部屋の温度を温めて布団をかぶせてあげて汗を出し始めたタイミングが好ましいと言われています。これより前のタイミングで焦って体を冷やしてもその効果は不十分になってしまいます。
熱を下げるための対処方法としては、それぞれを適切なタイミングで行うことが重要です。
 

どのタイミングで赤ちゃんを病院に連れて行ってあげたら良い?

 赤ちゃんを病院に連れて行くかどうかを見極める基準として、
  • 熱がどのくらい高く、上がり下がりはどのような感じか
  • 発熱の他にどんな症状があるか
  • 食事をとっておしっこをしているか
この3つのポイントが基準になります。
なお、発熱の度合いについてですが、急に39度度以上の熱が出てしまった場合や1日の中で発熱が上がったり下がったりを繰り返すような時は、翌日に病院に診てもらう必要がありそうです。
あと、もしも発熱が37.5℃よりも低い状態だったとしても赤ちゃんに吐き気の症状があったり、顔色が青ざめていたり震えていたり、呼吸の様子がおかしかったりするようなときは、発熱のほかに何かしらの病気が考えられると言われています。
そのような時はすぐにお医者さんに連れて行ってあげてください。
 
ちなみに、「#8,000」に電話すると、小児緊急電話相談につながり、適切なアドバイスを受けることができます。もしも病院に行くべきかどうかの判断が難しかった場合は、この番号に電話をしてみると良いかと思います。
 

赤ちゃんの発熱は、熱の高さよりも上がり下がりが重要

 赤ちゃんが高熱の状態で苦しんでいるならば、すぐさま病院に連れて行ってあげたいですよね。ですが、赤ちゃんの発熱の場合、熱の高さとその重症度はあまり関係ないと言われています。
どちらかと言うと熱の上がり下がりの方が注目すべきなのだそうです。また、赤ちゃんの熱の上がり下がりがどのようなリズムでなっているかを記録しておくと、お医者さんに見せたときにお医者さんが適切な判断をしやすくなります。
焦ってしまう気持ちもわかりますが、赤ちゃんが熱を出してしまった時は適切な対処をしながら、温度の変化を記録しておくと良さそうです。
 

赤ちゃんの高熱がなかなか下がらない原因は何?

 このページでは赤ちゃんの高熱の際、どのような対処法を取ったら良いのか。について見てきましたが、そういった対処を行ってもなかなか高熱が下がらないことが稀にあります。
そういったときには何らかの病気が可能性として考えられるのですが、具体的には
  • インフルエンザ
  • 肺炎
  • 川崎病
  • 細菌性髄膜炎
  • RSウィルス感染症
  • 麻疹
などの可能性が考えられます。
こういった状態であることも可能性としてはゼロではありませんので、適切な対処方法を行ってそれでもなかなか改善されない場合は、先ほどお伝えしたような適切なタイミングできちんと病院に連れて行ってあげることが何よりも大切です。
 

パパとママが正しい知識を持つことが大切

3人家族の人形

 たとえ赤ちゃんが高熱を出してしまっても、パパとママが正しい知識を持って冷静に対処してあげることで、速やかに赤ちゃんの苦しい症状を落ちつかせてあげることができるでしょう。
また、場合によっては発熱以外に病気が隠れていることもありますので、病院に連れて行ってあげるタイミングもしっかりと押さえておきたいですね。
 
初めて育児をされる場合パニックになってしまう気持ちはよくわかりますが、まずは落ち着いてこちらのページでお伝えした内容をぜひ実践してみてくださいね。
 

 

赤ちゃんに日焼け止めは必要なの?安全な選び方とおすすめアイテム

「赤ちゃんに日焼け止めは必要ですか?」

クリームで書いたSPF50 

この答えはイエスです。
 
赤ちゃんはデリケートなお肌を持っているため、大人よりも紫外線から受けるダメージがとても大きいと言われています。もしも赤ちゃんのうちから強い紫外線をもろに浴びてしまうと、皮膚がんや白内障の発生のリスクが高まるとも言われているんです。
その他にも、日差しの影響で火傷をしてしまったり水ぶくれのような状態になることもあります。
だからこそ、赤ちゃんのお肌の露出部分には日焼け止めを塗ることが大切になるんですね。ですが、赤ちゃんのデリケートな肌にわたし達大人が使っている日焼け止めを塗って良いの?など疑問に感じていらっしゃるママも多いのではないでしょうか。
そこで今回は、あかちゃんの肌を紫外線から守る方法や赤ちゃんのための日焼け止めの選び方などを一緒に見て行きたいと思います。

赤ちゃんに日焼け止めが必要な時期

赤ちゃんに日焼け止めを塗る

赤ちゃんに日焼け止めが必要な時期については、月齢が何歳であろうが太陽の光から降り注ぐ紫外線はいつだってお肌に良いものではありません。
なので月齢に合った適切な日焼け止めアイテムを活用するのが大切です。
なお、生後3ヶ月ごろまでの赤ちゃんは、お肌が特に敏感でデリケートな時期だと言われています。普段は長時間太陽の光にさらされる事はあまりないかもしれませんが、直射日光が当たる場面があるようなときは、新生児からでも使えるタイプの日焼け止めを選び、それをお肌の露出部分に塗ってあげましょう。
また、室内にいる場合でも窓際などで日差しの強い場所は避けてあげた方が良いでしょう。赤ちゃんの肌は、わたし達大人よりもメラニン色素の働きで肌を守る力が弱いので、お外で直射日光を浴びていなくても軽いヤケドのような症状になってしまう事もあるので注意が必要なんですね。

赤ちゃんも使える日焼け止めの選び方

調べたところによると、赤ちゃんが使う日焼け止めを選ぶ際は
  • ノンケミカルなもの
  • しっかりと落とせるもの
  • SPFが高いもの
どこを調べても、これらをポイントにして選ぶのが好ましいと言われています。
 
・・・しかし、これは間違っています。
「SPFが高いもの」については赤ちゃんに限らずの話で、SPFが高ければ高いほど紫外線から肌を守るチカラは強いのですが、その分成分的に肌へのダメージがとっても強いんです。また、SPFが低いからといって紫外線から守るチカラが無いわけではありません。なので、「SPFが高いもの」にこだわる必要はないと私は考えています。
 
ノンケミカルなものについては、日焼け止めに含まれる化学(ケミカル)原料の紫外線吸収剤と言うものは、非常にお肌への刺激が強く赤ちゃんのお肌のトラブルのもとになることもあります。なのでノンケミカルである事は非常に重要です。
 

赤ちゃんにも安心して使えるお勧めの日焼け止めはどれ?

先程の段落にいて、赤ちゃんも使える日焼け止めの選び方をご紹介しましたが、そこにもう一つプラスしたいのが100%オーガニックであることです。何故、天然由来成分100%のオーガニックであることが重要なのか?については次の段落でお話ししたいと思います。
 
では早速、赤ちゃんも安心して使えるお勧めの日焼け止めを見ていきましょう。
 

アロベビー・オーガニックUVクリーム

アロベビー・オーガニックUVクリーム

こちらは化学成分が入っていない「ノンケミカル」な作りになっており、天然由来成分100%のオーガニックな日焼け止めです。

しかも開発から生産まで全てが日本国内で作られている純国産なものですので、非常に品質が高いと言うのもポイントです。お肌が敏感な新生児の赤ちゃんでも安心して使えますし、もちろんパパやママも安心して使うことができる日焼け止めクリームになります。クリームの香りはラベンダーとローズで、この香りの良さも人気の理由ですよ。

SPFは20で、値段は税込み2,592円です。

ヴェレダ・エーデルワイスUVプロテクト

ヴェレダエーデルワイスUVプロテクト

こちらはヨーロッパのスイス発のオーガニックコスメブランドです。そのメーカーが日本人の肌のために考えて開発した日焼け止めです。
もちろん使われている成分がすべて天然由来の100%オーガニックな日焼け止めになります。こちらの香りは、爽やかな柑橘系の香りです。
こちらもぱぱとままも一緒に使うことが可能です。
SPFは33で、値段は税込み2,484円です。
 

赤ちゃんの日焼け止めを落とすちょっとしたコツ

赤ちゃんの日焼け止めを落とすためには、しっかりと泡立てた石鹸で日焼け止めを塗った部分を優しく撫でていくように落とします。優しく撫でるように落とすのがポイントで、決して強くこすらないことが重要です。
なお、もしかすると赤ちゃんが嫌がってしまうこともあるかと思います。その際は赤ちゃん用ガーゼなどを活用して拭き取ってあげると良いでしょう。
 大抵の場合日焼け止めを落とす方法が製品情報に記載されていると思いますので、石鹸などを使ってもなかなか落ちないようなときは、そちらを参考にしてみると良いかもしれません。

100%オーガニックじゃないものは選ばない方が良い?!

日焼け止めクリーム

日焼け止めの中でも、市販で手に入るお手頃なものから、数千円もするちょっと高めのものまでありますよね。100%オーガニックなものは、どちらかというと後者のほうに当たるかと思います。
私も最初は、自分に対して使うものについては値段が安いものを選んでいたのですが、赤ちゃんの安全を考えてオーガニックを選ぶことのメリットについて調べていたところ、ある重大なことがわかったんです。
それは、手軽に手に入る日焼け止めアイテムの危険性についてです。
 

手ごろな日焼け止めクリームには「皮膚がん」のリスクを高める成分がいっぱい!

基本的に100%オーガニックでない“手ごろ日焼け止めクリーム”の多くには、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤どういったものが使われています。
  • オキシベンゾン
  • パルソールA
  • パラアミノ安息香酸
  • プソラレン
  • サリチル酸オクチル
  • ジベンゾイルメタン
  • メギドリルSX
  • ケイ皮酸
※これらの成分は要注意↑
 
これらの働きによって、太陽からの紫外線をお肌に直接浴びせることなくうまいこと受け流してくれる。といった仕組みなのですが、最近では皮膚がんの原因の大部分を占めるのは太陽光による紫外線ではなく、紫外線吸収剤の成分だと言われているんです。
 
つまり、紫外線吸収剤などが使われている手ごろな日焼け止めアイテムは、使えば使うほど将来的に皮膚がんのリスクが高まると言うことを意味しています。
 
実際に日本よりも紫外線が8倍程度強いと言われているオーストラリアでは、しっかりと日焼け対策をしている人が皮膚がんのリスクが圧倒的に高く、普段日焼け止めを使わずに生活している先住民の方は皮膚がんにほとんどなっていない。と言うデータも出ているそうです。
 
確かに日焼け止めクリームにはシミ対策や、日焼け止めなどの効果は高いかもしれませんが、将来的に皮膚がんのリスクが高まってしまうのでは元も子もありません。
これは赤ちゃんに対しても同じことが言えます。なので私は日焼け止めを選ぶ上で、何よりも100%オーガニックでできている事を重点に置くことを重要視しています。
 
だからこそ私は、このサイトを通して日焼け止めはしっかりとものを選んだ方が良い。ということを皆さんに伝えたいと思いました。
ご自身の皮膚がんのリスクを自ら高めてしまわないためにも、将来のお子さんの皮膚がんのリスクを高めてしまわないためにも、より安全性の高い日焼け止めを選びたいですね。
 

まとめ

3人家族で海

赤ちゃんにお勧めの日焼け止めについて調べると、このページでお伝えしたように、「どんな観点で選び、どのメーカーのどの日焼け止めがオススメですよ!」と多くのページで紹介されていると思います。
しかし、どこを見ても紫外線吸収剤自体が皮膚がんのリスクを高めてしまう。という事実は書かれていないと思います。
 
市販で購入できる手ごろな日焼け止めアイテムは、テレビコマーシャルなどで堂々と安全性などをうたいながら紹介されていますが、視野を広げるとこういったリスクがあると言う部分は、ぜひ頭の片隅に置いていただきたい知識です。
 
なお、これについてもっと深く知りたいと言う方は、例えば「日焼け止め 危険」と検索すると、私が先ほどお伝えしたような内容がより詳しくまとめられたページがいくつか出てくるかと思います。一度見てみると良いかもしれません。
 
※このページ内でご紹介した日焼け止めは、ノンケミカル&100%オーガニックで安全なものなので安心してくださいね!
 

 

赤ちゃんの首座りの時期はいつ?判断の際の確認方法と首が座ってからできること

赤ちゃん

赤ちゃんを産んで初めての育児をされている方にとって、気になる要素のひとつとして「赤ちゃんの首が座る時期や、それを確認する方法」があるかと思います。

赤ちゃんの首が座っていない状態は頭がぐらぐら揺れてしまい、不安定で危ない状態です。ですが、赤ちゃんの成長とともに筋肉がついて次第に首が座ってくると、その分危険も減りますし、できることの幅も増えていきます。

そこでこのページでは、赤ちゃんの首が座る時期や、赤ちゃんの首が座ったかどうかを確認する方法、またその後はどんなことができるようになるのか。といった部分を一緒に見ていきたいと思います。

 

赤ちゃんの首すわりってどんな状態?

赤ちゃんの首座りというのは、成長とともに首の筋肉が発達して自分の頭を首の筋肉で支えることが出来るようになった状態です。

首が座り始めた赤ちゃんとママ

生まれて間もない赤ちゃんは首の筋肉が十分に発達しておらず、自分の頭を首の筋肉で支えることができません。

なので、初めて赤ちゃんを抱っこするときに、赤ちゃんの頭をしっかりと支えてあげるような抱き方を指導されたと思います。先ほども軽く触れましたが、赤ちゃんの首が座っていない状態というのは頭がぐらぐら揺れやすいため、とても危険です。また思い通りに体を動かすこともできないだけでなく、自分が右を向きたくてもその方向に首を回すことも完璧にできない状態です。

ですが、赤ちゃんが首座りをするようになると、抱っこが楽になったり、遊びの幅も広がってきます。首座りをしていない状態の赤ちゃんももちろん可愛くて愛らしいですが、首が座るといろんな面で育児がさらに楽しくなってくるかと思いますよ ♪

赤ちゃんの首座りの時期

赤ちゃんの首座りは、一般的に生後3ヶ月ごろからスタートします。

赤ちゃんの疑問


赤ちゃんは生まれてからだんだんと体全体の筋肉が発達していくのですが、その中でも最も発達が早いのが首周りの筋肉と言われており、首の筋肉の成長が早い赤ちゃんだと生後1ヶ月から2ヶ月ごろからだんだんと首座りの傾向が見られる子もいるようです。

また、十分に首が座ったと実感できるのは生後4カ月頃で、生後5ヶ月もしくは生後6ヶ月の頃には、大抵の場合首座りが完了しています。
首座りには筋肉の成長が関係しているため、適度に体を動かさせてあげることも大切ですし、筋肉の成長や正常細胞の働きを促すタンパク質や葉酸などの栄養を積極的に取り入れる習慣も大切です。

赤ちゃんの首が座ったことを確認する方法

赤ちゃんの首座りの確認方法には、いくつかの方法があります。
ここでは、中でも効果的な3つの方法を一緒に見ていきたいと思います。

赤ちゃんを縦に抱いて体を少し斜めに傾ける

首が座っている赤ちゃんの場合、このようにして赤ちゃんを抱いてみると、赤ちゃん自身が重力に逆らうって首を持ち上げるような動きをします。
もしそれができれば、首が座ったと判断して良い状態となります。

 

仰向けに寝た状態から赤ちゃんの両腕を持って起こる

赤ちゃんが仰向けに寝転がっている時にできる確認方法です。一般的には「引き起こし反応」と呼ばれています。
赤ちゃんが仰向けに寝ている状態から、赤ちゃんの両手を持って優しく手前に引っ張ってあげます。この時に、赤ちゃんの首が座っていれば体とともに首も一緒に持ち上がってきます。
そうなっていれば、筋肉が十分に発達し首が座っていると判断できます。

 

赤ちゃんをうつぶせに寝かせてあげる

赤ちゃんをうつぶせに寝かせてあげると、首が座っている場合は自分で頭を持ち上げます。
こういった動きは首座りの中でも1番早く赤ちゃんが習得する動きなんだそうです。また、この方法であれば同時に腕を活用することができるため、首の外にも腕と連動して筋肉を動かせることができているかをチェックすることも可能です。

 

赤ちゃんのうつぶせ練習の注意点

赤ちゃんの首が座っているかどうかを確認する際、うつぶせに寝かせてみるのは有効な手段なのですが、いくつかの注意点があります。

  • 食後や機嫌が悪い時は避ける
  • うつぶせ中は赤ちゃんから絶対に目を離さない
  • ふかふかの布団などで行うと赤ちゃんの口や鼻を塞ぐ可能性があるため、ふかふかなエリアは避ける
  • 無理をさせないために、最初のうちは10秒から20秒程度にとどめ、回数も1回から2回程度にとどめる

 

赤ちゃんの首座りが遅い時にためしたいこと

このページでは前半部分にて、一般的に赤ちゃんの首座りは生後3カ月位から始まり、生後5ヶ月あたりで首座りが完了する。と、お伝えしましたが、小さな赤ちゃんの成長にはもちろん個人差があります。

なので、多少遅れてしまったところで深刻に悩む必要はありません。ですが、遅いとどうしても心配になってしまう気持ちは私もよくわかります。その時に試してみたいのが、赤ちゃんとの遊びの中でさりげなく首座りの練習を取り入れることです。

具体的には、赤ちゃんをうつぶせに寝かせてあげ、優しく声をかけてあげながら赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを赤ちゃんの頭の斜め上あたりに持っていき、自然と視線が斜め上に行くように導いてあげます。

なお、この際も「うつぶせの注意点」の部分でお伝えしたポイントを思い出していただき、赤ちゃんに無理をさせないように注意することが必要です。
こういった練習をコツコツ続けてあげることで、だんだんと赤ちゃんの首の筋肉が発達してくるでしょう。

もしも首座りのタイミングに遅れを感じた際は、こういった練習方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

赤ちゃんの首が座ってからできること

赤ちゃんの首座りが完了すると、以前まではなかなかできなかったこともできるようになってくるため、赤ちゃんとの遊びの幅も広がっていきます♪
そうなったときに取り入れたい遊びとしては、

  • いないいないばあ
  • 真似っこ
  • こちょこちょ
  • ラッコごっこ
  • ぎったんばっこん
  • リズム遊び
  • 鏡を見せる
  • ジャンプ(両脇を持って支えながら)
  • 左右ぶらぶら

などです。
このように、赤ちゃんの成長とともにいろんな新しい遊びをぜひ取り入れてあげてください。いろんな遊びに挑戦し、たくさんの刺激を受けることで赤ちゃんの心と体の発達に大きな良い効果が期待できます。

なお、赤ちゃんの月齢ごとの脳の発達に効果的な遊びについて特集したページがこちらになります。

www.35labo.com

 

育脳を意識した遊びを取り入れると、楽しみながらも赤ちゃんにとってより良い脳の発達をサポートすることができます。

赤ちゃんのペースを理解してあげることも大切

ママと赤ちゃん

初めての育児をされる方にとっては、ちょっとした些細なことも不安になってしまうものですよね。ですが、赤ちゃんにも生まれ持った個性がありますので、全てが「一般的」なペースで進んでいくわけありません。多少のことであれば、深く気にしすぎないことも大切です。

なお、赤ちゃんの健やかな成長にはパパやママとのコミニケーションの時間が必要不可欠ですので、できるだけ赤ちゃんと遊ぶ時間をたくさん作ってあげれると良いですね♪

 

 

乳腺炎予防に食べたいものと避けたいもの|しこりや乳がんとの見分け方

今回は産後の授乳中のママなら誰もが気になる「乳腺炎の予防」についてそのために食べておきたい食べ物と避けるべき食べ物を詳しく見て行きたいと思います。

授乳中の赤ちゃん

母乳育児について回るトラブルとも言える乳腺炎はできるだけ避けたいものです。

乳腺炎をもしも発症してしまうと激しい胸の痛みに襲われるだけでなく、授乳ができなくなったり高熱が出てしまうこともあります。

自分自身も辛いですし、授乳ができなくなると赤ちゃんが困ってしまいます。

そんな乳腺炎予防には、普段どんな食べ物選んでいるか。これが非常に重要な要素となります。

ここでは乳腺炎にならないためにどんな食べ物を控えるべきなのか、また母乳を詰まらせないためにどんな食べ物を積極的に食べるのが良いのか。他にどんなことを注意すると良いのか。といった内容を、順番にわかりやすく解説していきたいと思います。

 

乳腺炎予防のために授乳中に避けたい食べ物

今期はまだはっきりとしていないのですが、乳腺炎の確率を高めてしまう要素として高塩分、高脂肪の食べ物が考えられています。

つまり、乳腺炎を予防するためには授乳期間中は塩分がたくさん含まれた食べ物と脂肪分満載の食べ物はできるだけ避けるのが良い。と言うことです。

では、塩分が多く高脂肪な食べ物と言えばどんなものがあるのでしょうか。

  • フライドチキンやフライドポテトなどの揚げ物系
  • ピザ
  • 肉類
  • ケーキやチョコレートなどの甘い洋菓子

などがこれに該当します。

どれも私たちにとって非常に身近な食べ物であり、これらが好きな方にとっては我慢するのはなかなか簡単なことではありません。

ですが、こういった塩分豊富で高脂肪な食物を頻繁に食べてしまうと母乳の詰まりの大きな原因となってしまい、自分自身や赤ちゃんに悪影響が出てしまいます。

 

母乳の詰まりを防ぐ乳腺炎予防に効果的な食べ物

今度は逆に、母乳の詰まりを防ぎ、乳腺炎予防に効果的な食べ物についてみていきたいと思います。

なお、こちらについても現代では研究段階であり答えがはっきりとしていないのですが、母乳は血液でできているため、乳腺炎の予防には血液の状態がドロドロしているがサラサラしているか。といった部分が深く関係しているのではないかと考えられています。

なので、血の流れを良くしてくれる栄養が含まれている食べ物が乳腺炎予防に効果的であると考えられます。

では具体的にどの食べ物を積極的に食べれば良いのかと言うと

  • ゴボウやレンコン、にんじんや大根などの根菜類
  • ワカメなどの海藻類
  • イソフラボンが取れる大豆類
  • 春菊やほうれん草、小松菜などの青菜

などがこれに該当します。これらのラインナップを見る限り、洋食と言うよりはヘルシーな和食がイメージできますよね。

古くから伝わる健康的な和食と言うのは、お母さんや赤ちゃんにとって嬉しい栄養がたくさん取れる食事のスタイルであるだけでなく、母乳の質を高めてくれる食事でもあったんですね。

水分補給も忘れずに!

水分補給

授乳中は水分不足になりやすいため、こまめな水分補給が重要です。

まれに1度にたくさんの水分を一気に飲んでしまう方がいらっしゃるのですが、人間の体はいちどに補給した水分を処理できる分量が決まっていますので、いちどにたくさんの水を補給しても、そのほとんどが尿となって流れ出てしまいます。

なので、一度にたくさんのお水を飲むのではなく、1時間おきにコップ1杯程度のお水を飲むという感じが良いですよ。

母乳はママの血液と水が原料になっていますから、水不足=母乳が粘り気が出てしまいその分だけ乳腺が詰まりやすくなるというイメージで考えておくと良いかも知れません。

乳房に小さなしこりを感じる!そんな時は

f:id:nextzone:20170614022951j:plain

乳腺炎の症状は痛みが主なものですが、乳腺炎の予兆として「乳房のしこり」がでることがあります。このしこりは乳腺炎の一歩手前の症状ということが出来ます。

乳腺炎は乳管の中に母乳が固まったものが詰まっている状態(もしくはその寸前)なので、その固まりかけているものが触るとしこりのように感じます。

ただし、このときに『もしかしたら乳がん!?』と不安に思ってしまう方もいらっしゃるかと思います。

乳がんのしこりと乳腺炎のしこりは違いますので、見分け方をご紹介いたします。

乳がんの場合のしこりは、非常に固く(石ころのような硬さ)しこりは触っても移動しません。

乳腺炎の場合のしこりは、乳がんのような硬いしこりではなく、触ると移動します。

このような特徴の違いがあるため、乳がんのしこりと乳腺炎のしこりは見分けやすいと言えるのですが、自分で触ってみて違いが分かりにくく不安な場合は、念のために産婦人科に相談に行くことをおすすめします。

健康的な食生活でスムーズな母乳育児の近道♪

仲良し親子

いかがでしたか?母乳のつまりを予防し、スムーズな母乳育児を続けていくためには食事の見直しが何よりも大切です。

また、慣れない育児に加えて全力で家事をこなしてしまうと、疲れやストレスが一方的に溜まってしまいます。

そういった疲れやストレスは判断を鈍らせるきっかけとなってしまい、乳腺炎の予防のために避けたい食べ物に手を出しやすくなるきっかけともなります。

もしも今ストレスフルな状況であるならば、食生活と一緒に日常生活も見直してみると良いかもしれません。

 

感情豊かで優しい子に育って欲しい!親の接し方が大きく影響する?!

笑顔の赤ちゃん

感情豊かで、素直に人に優しい人格の持ち主は、今後何十年と築き上げていく人間関係を豊かにできる人であり、それは人生を通して非常に大きな影響を与えます。
また、感情豊かで素直な人とそうでない人とでは、社会に出てから今後どのような人生を歩むかについても大きな違いが出てくるものです。
そういった子供の感情や性格面は、赤ちゃんの頃や幼少期に、親とどのような接し方をしたか。これが大きく関わってくるとも言われています。そうともなれば、感情豊かで優しい子に育って欲しい。そう思う親としては、どんなふうに接してあげるのがこの子にとって良いことなのか。正しい知識を身に付けておきたいですよね。
このページではそれについてまとめていきたいと思います。

感情豊かで優しい子に育つために親ができること

感情豊かな心を育むためには、できることがいくつかあります。
  • 親が子供に対して素直でいること
  • 親が今まで学んできた我を押し付けないこと
  • 会話の時間を大切にすること
  • 感情的に叱りつけたりしないこと

このような要点が大切になると言われています。

では、これらの点についてひとつずつもう少し詳しく見て行きましょう。

子供の前で親が素直でいること

子供の前で楽しいときは楽しい感情、悲しい時は悲しい感情、怒っているときは怒りの感情。喜怒哀楽を素直に見せてあげます。
親は子供にとって何から何までお手本になる存在です。だからこそ喜怒哀楽をしっかりと子供に見せてあげることで、感情のコントロール方法を自然に身に付けていくとも言われています。
逆に親が子供の前で感情表現を怠ってしまうと、子供からすると自分は親にとって重要な存在ではないと感じ取ってしまうそうです。もちろん口には出さないかもしれませんが、子供は心の中でそのように感じてしまうものなのだそうです。
 

親の我を押し付けず、子供の感情を尊重してあげる

これはまさにそのままなのですが、自分が綺麗だと感じたものを子供が綺麗だと感じなかったとき、無理矢理これはきれいなものなのだ。と教え込んでしまうと、子供は次第に自分の感情を殺すようになってしまいます。
子供が何かしらの感情表現をした際は、自分の思考や考え方等は一旦押さえ込んで、子供が示した表現を尊重してあげましょう。
その上で、もっといろいろな美しいものやかわいい生き物がいる、優しく接することが大切といったことを学ばせていくことが大切と言えます。

会話の時間を大切にする

子供とたくさん会話ができていますか?人間関係を形成する上では会話はとっても大事なことです。これは社会に出てからも同じですね。
会話のきっかけを親が与え、子供が話し始めたらとことん話を聞いてあげましょう。その際も否定ばかりせず「うん、そうだね!」と聞き役に回り、子供の会話を引き出してあげます。あくまで小さなお子さん相手ですので、本当に必要な時以外はズバッと言うのは控えましょう。
 

感情を共感しあう

感情豊かな心を育むためには、親子が感情を共有しあう事はとても大切なことです。そのためにテレビはとても有効なツールだと言えるでしょう。
子供が大好きなアニメ等があるかと思いますが、楽しい、面白い、悲しい、などストーリーにあった感情をお子さんと一緒に共有してみてください。
それ自体がコミニケーションになりますし、子供の豊かな心を育む上でとても良い刺激となります。
 

子供をむやみに黙らせない

日本は子供が騒ぐ事についてすごく厳しい国だと言われています。特に都会だと、親が子供に対して「うるさい!静かにしなさい!しーっ!」といったような光景をよく目にしますね。
確かに周りの人に対しての配慮も大事かもしれませんが、子供からすると一生懸命自分を表現している事もあります。それを無理矢理止めさせてしまったりすると、子供が感情を表現しなくなってしまうこともあります。
必要な時は騒ぎすぎないように止めてあげる必要もありますが、その時はうるさい!と言うような言い方ではなく、冷静に落ち着いて
「珍しいところに来て楽しいね!でもここではたくさんの人がいて、静かに過ごしたい人もいるんだ。◯◯ちゃん(子供)も寝るときに周りがうるさかったら嫌な気持ちになるよね。もし今ここで騒いじゃうと、周りの人が嫌な気持ちになっちゃうかもしれないね。◯◯ちゃん(子供)はおりこうさんだから今は静かにしようね。後でお家に帰ったらいっぱい遊ぼうね。」
といったように、子供の気持ちに寄り添って、今ここで静かにした方が良い理由を優しく教えてあげます。言葉の意味を100%理解できないかもしれませんが、幼いながらも「こういうところでは騒ぎすぎないほうがいいんだな・・・」ということはきっと伝わると思います。
このような伝え方をすることで、子供の感情を殺さずに子供を落ち着かせることができるでしょう。
また、楽しそうに騒いでいるのではなく、子供が泣いてしまっている場合は、静かにその場から離れて怒らずに落ちつかせてあげることが大切です。
いずれにしても子供罰するような言い方で静かにさせるのはあまり良くないことです。
 

赤ちゃんは上手く喋れなくてもパパとママのことをちゃんと見ている

ある程度大きくなったお子さんの場合、会話や表情の変化でいろんなことを伝えることができますが、赤ちゃんの場合は同じようにはいきませんね。
しかし、赤ちゃんもある程度大きくなってくると、言葉の意味はわからなくても、パパとママの表情や声のトーンなどから、いろんな感情を認識しようとします。
言葉がわからない赤ちゃんでも、たくさん話しかけてあげたり、たくさん笑いかけてあげることも大切です。そういったことの積み重ねは、将来の子供の心に大きく影響してきますので、赤ちゃんと過ごす時間を作っていろんな表情を見せてあげてくださいね♪

赤ちゃんの前で真顔は危険!

真顔は、実は大変危険です。もしも真顔で赤ちゃんと接してしまうと、赤ちゃん自身も感情表現が乏しい子になってしまうと言われています。
これが続いてしまうと赤ちゃんにとって大きなストレスになってしまい、そのストレスは恐怖心に変わることもあるそうです。
先ほど、できるだけ赤ちゃんと過ごす時間を作っていろんな表情見せてあげてくださいね。とお伝えしましたが、それにはこういった意味もあるのです。
 

まとめ

幸せ親子

このページでは、我が子が感情豊かで優しい子になるためにどんなことができるのか?といったことをテーマにいろんな情報をシェアさせていただきました。
細かく見ていくとたくさんのポイントがありましたが、それらをまとめてわかりやすく言うと、できるだけ子供とのコミニケーションの時間を作ってたくさんの感情を共有することが大切だということです。
今、ぱぱとままがどんな風に接するかが、良かれ悪かれ将来の子供の感情に大きく影響する事を忘れないでくださいね♪
 

 

授乳中にノンアルコール飲料はOK!…でも銘柄によってはアルコール入りなので要注意

「授乳中にノンアルコールビールを飲んでいいの?」

f:id:nextzone:20170607121127j:plain

という質問をインターネット上でもたくさん見受けられます。

もともとお酒好きだった方にとっては、長い妊娠期間お酒なしで過ごすのはとても辛かったかと思います。

基本的に授乳期間中もお酒は控えるべき。されていますが、状況によっては全く飲めないわけではない。と意見している方もいらっしゃいます。そうなると「ノンアルコールビールとかはどうなの?」と疑問を感じるのは当然です。

そこでこのページでは、ノンアルコール飲料について簡単におさらいし、授乳中のママにとって安全な銘柄や危険な銘柄をご紹介し、実際にみんなはどうしていたのか。といった部分も一緒に見ていきたいと思います。

後半部分では、ノンアルコールではなく、実際のアルコール飲料を授乳期間中に飲むためのポイントも見ていきたいと思います。

ノンアルコール飲料は完全にアルコールゼロでは無い?!

ノンアルコール飲料

ノンアルコール飲料の中にも、ノンアルコールビールや、ノンアルコールワイン、ノンアルコールカクテルなどいろいろあります。いずれにしてもノンアルコールと書かれていれば、授乳中にとって危険なアルコールは一切含まれていないイメージですが、実際のところ全てがノンアルコールなわけでは無いようです。

業界の方が明かすノンアルコール事情

アルコール飲料業界の方の話によると、以前に有名ビールメーカーのキリンが発売していたバクラーというノンアルコールビールは、実際にアルコール度数が0.5%あったのだそうです。
また、現在でもごく一部のノンアルコールビールは、1%未満の度数のアルコールが入ったものなのだそうです。

ノンアルコールビール=完全にアルコールが入っていないというわけではない!

この衝撃の事実は、わたしも非常に驚いてしまいました。

おそらく、飲み屋さんで仲間と飲んでも車を運転して帰ることができると言ったところを目指したのかも知れませんが、現在でもそのような「ニセのノンアルコールビール」があるんですね。

授乳中のストレス解消のためにおすすめなノンアルコールビールと言われていますが注意してですね。

アルコール分が完全にゼロなノンアルコールビールはどれ?

先ほどは、ノンアルコール飲料の中でもわずかにアルコールが含まれているものが存在する。という話がありましたが、それはごく1部の話です。
現在大手ビールメーカーが競って発売している

  • キリン・フリー
  • サントリー・オールフリー
  • アサヒ・ダブルゼロ
  • サッポロ・プレミアムアルコールフリー

これらは完全にアルコール度数が0.00%になっているため、授乳中の方が飲んでも差し支えありません。

なお、私自身全てを把握しているわけではありませんが、このように完全アルコール度数0.00%のノンアルコール飲料も存在しますが、わずかにアルコールが含まれているアルコール飲料もありますので、気になるアルコール飲料を手に取った際はパッケージに記載されているところよく見て確認する必要がありそうです。

 

ノンアルコール飲料で酔っ払うってほんと?

ノンアルコールビールを飲んだはずなのに、なぜか酔っ払ってしまった。こういった話は珍しくありません。これには、飲んだノンアルコール飲料にわずかなアルコールが含まれていたことも考えられますが、0.00%のアルコール濃度のノンアルコール飲料でも酔っ払うことがあるのだそうです。

これは、偽物の薬を処方しても、「本物の薬だ」と信じて飲むことで何らかの身体の変化が現れるという「偽薬効果」(プラセボ効果)が関係しています。 ノンアルコールビールだったとしても、まるでお酒を飲んだような気分になり、脳がアルコール飲料を摂取していると勘違いし、まるで酔っ払っているかのような錯覚を起こすんだそうです。

これはあくまで、脳の錯覚ですので、0.00%のノンアルコール飲料を飲んだときに酔っ払ったような感覚になってしまっても、心配する必要はありませんよ。

 

ノンアルコール飲料を飲んでも飲酒運転になるの?

複数の友人らとお酒を飲む際、自分は運転があるからといってノンアルコール飲料を飲まれる方もいらっしゃるかと思います。ですが、これまで一緒に見てきたようにノンアルコールビールの中でもわずかにアルコールが含まれているものもあります。

なお、飲酒運転(酒気帯び運転)については、血液中のアルコール濃度が一定に達していれば酒気帯び運転だと判断されます。

つまり、ノンアルコール飲料とは言え、わずかにもアルコールが含まれているものをたくさん飲んでしまうと、体内の血中アルコール濃度はわずかながらも上昇してしまいます。

どれだけ飲むと酒気帯び運転の一定量に達するかは個人によって変わってきますが、このような事実からノンアルコール飲料とは言えわずかにアルコールが含まれているものについては絶対に飲まない方が良いと言えるでしょう。

ただし、完全に0%のノンアルコール飲料であれば安心して飲むことができます。

先輩ママたちはどうしてる?

ここで、母乳育児をされていた方のノンアルコール飲料との向き合い方についていくつかご紹介したいと思います。

ドライゼロが好きでたまに飲んでいました。私は完全母乳育児で育てていましたが、ノンアルコールなので全く気にせず飲んでいましたね。

 

ノンアルコール飲料はやはり物足りなさは感じてしまいましたが、そこに好きなおつまみを用意すれば、気分は完全にお酒を飲んでいる状態になりました。お酒がとても好きだったので、私はそうやって気分を紛らわせるていました。

 

私は卒乳するまでずっとノンアルコールで我慢していました。ノンアルコールでもわずかにアルコールが含まれているものもあるとの事だったので、完全にアルコールフリーなものを調べてから選ぶようにしていました。友達に誘われた時も友達が事前にノンアルコールでも「飲んだ気分になれるビール」を調べておいてくれていたので、2回だけ飲み会にも行きました。

 

…いくつかの先輩ママさんの体験談をご紹介しましたが、授乳中にノンアルコール飲料を飲まれていた方は決して少なくないようです。

また、先程の体験談にもありましたが、ノンアルコール飲料で物足りなさを感じてしまった場合は、「ザ・おつまみ」のようなものを用意して、お酒の場の雰囲気を楽しむのも1つの手かもしれませんね♪

 

授乳期間中は全くお酒を飲めないわけじゃない?!

授乳期間中と言えば、多くの方がお酒を避けてノンアルコール飲料で我慢しているかと思います。ですが、お酒を飲むときの注意点をしっかり守り、あるポイントを押さえることで授乳中でも本物のアルコール飲料を絶対に飲めないわけではないんです。

もちろん、授乳期間中はアルコール飲料を避けるに越した事はありませんが、お酒の我慢がストレスとなり、他の部分で支障が出てしまうほどであるならば、安全を確保した上でちょっとたしなむ程度に飲んだ方が良い。という意見もあります。

なお、どんなことに注意したらよいのか、どんなポイントを押さえたら良いのか。といった内容が詳しく特集されているページがこちらになります。

www.35labo.com

 

現在授乳中だけれども、どうしてもお酒が我慢できない!ノンアルコール飲料じゃダメだ!という方は、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

産後ダイエット中の方必見!おかずや白米に頼らず満腹感を得る方法

産後の体の回復とともに、妊娠前のスタイルを取り戻すため、もしくはこのタイミングをきっかけに大幅ダイエットを検討されている方も少なくないと思います。

ダイエットをしたい!

実際に産後の授乳中のタイミングと言うのは、カロリー消費が大幅に増えるため、「食べ過ぎない」ことを意識することで母乳育児によるダイエット効果を邪魔することなくスムーズに痩せることができるでしょう。
また、完全ミルク育児の方にしても、そもそも人間が太ってしまう要素は食事のタイミングしかありません。なので、余計に食べてしまうことを避ければ、ミルク育児をされているママさんも、だんだんと体重が減っていく流れを作り出すことができると考えられます♪
では、産後のダイエットの鍵を握る「満腹感」を得るための秘訣について、いくつか見ていきたいと思います。

満腹感を効率よく得る方法

満腹感を得るためには、よく噛んで満腹中枢を刺激する。といった方法が有名ですよね。それに関連する内容もございますが、その他にも満腹感を得るためにできる事はたくさんあります。それでは早速見ていきましょう。
 

ディナーの前にウォーキングをする

朝ご飯のタイミングでも昼ご飯のタイミングでも構わないのですが、とにかく食事の前にウォーキングもしくはジョギングなどの有酸素運動を行うことで、効果的に満腹感を得やすくなります。
満腹感と有酸素運動の関係についてですが、まず有酸素運動を行うことで、体内の血糖値が少しずつ上昇していきます。人間の体は血糖値が減少している状態が空腹感を覚えやすく、上昇している状態は満腹感を得やすい状態を意味しています。
なので食事の前にちょっとした有酸素運動を取り入れることで、「余計に食べない」を実現することが可能なのです。
 

おかわりしたくなったら5分待つ

産後ダイエットのために、必要な栄養素を摂取しながらも、全体的に食べる量多すぎないようにコントロールしていても、どうしてもおかわりしたくなってしまう時はありますよね。そんな時にはいったん5分間待機しましょう。
そうすることによって、「このおかわりは本当に必要なものであるのかどうか」を判断することができます。
そして時間が経つにつれて、人間の脳は満腹感を感じやすくなるため、より冷静な判断がしやすくなると言われています。

食事の時間を30分確保

産後の育児や家事に忙しいママさんにとって、ゆっくりと食事をとるのは簡単なことでは無いですよね。なので毎食必ずじゃなくても良いので、旦那さんの協力などが得られるような時などは、できるだけ食事の時間を長く確保することが大切です。

時間の確保

わたしたち人間は食事を始めてから満腹中枢が刺激されて満腹感を得るまで、大体20分位かかると言われています。これは、食べたものが吸収されて血糖値が上がり、それが満腹中枢を活発化させるまでに掛かる時間が約20分間と言われているからです。
つまり、時間を確保してゆっくり食べることによって、必要以上に食べ過ぎないことを自然に行うことができます。たとえ食事の時間が10分だろうとも、我慢をすれば食べ過ぎない事は防げますが、それってかなりストレスになりますよね。そのストレスが積み重なってしまうとやがてダイエットの妨げになってしまう恐れもあります。
あくまで“ナチュラル”に食べたい気持ちを抑えるためにも、ゆっくりと食事をすることが大切なのです。

食材は大きめにカットする

食べやすいように、もしくは体内で消化しやすいように食材を小さめにカットされる方もいらっしゃるかと思います。もちろんそれ自体は何も悪いことでは無いのですが、あえて食材を大きめにカットすることによって、自然とたくさん噛むことになります。
 
この咀嚼の回数が増えることによって、それだけ脳に対して満腹中枢を刺激することができるため、これまたナチュラルに食べ過ぎを抑制することができます。
料理の時に食材を大きくカットするか小さくカットするか。それだけの話ですので、今日からでも始められるちょっとしたテクニックです。

食べるのがちょっと面倒臭いおかずを入れる

ちょっと変な言い方になってしまいましたが、要はカレーのように流し込めないような、しっかりと噛まないと食べれないおかずを取り入れます。

f:id:nextzone:20170606213813j:plain

例えば、キノコとか、イカとかですね。よく噛まないと食べれないですよね。そういったものを取り入れるとそれだけ食事の時間を自然に伸ばすことができますし、自然と咀嚼の回数が増えますので、効率の良い満腹中枢の刺激を実現することができます。
 

温かいスープメニューを追加

温かいスープと言うのは、食事の際の満腹感を得やすくするために非常に効果的だと言われています。
味噌汁なども良いですが、できれば野菜がたくさん入ってなおかつじっくりと煮込んで食べやすくした野菜スープが効果的だと言われています。
 

大きな皿は使わない

大きな皿はとても便利ですが、あえてそれを使わず小さな小鉢を選びます。そうすると洗い物が増えてしまって煩わしさがちょっと増えてしまいますが、満腹感を得るためのメリットとして、小鉢を使うと少ないおかずも多く見えます。
これはただ単に錯覚を生むだけでなく、実際にその錯覚が脳に満腹感を与えるといわれています。おかずの量を変えずにお皿を変えるだけで満腹感に影響が出るならば、小鉢を使わない手は無いですよね♪
 

満腹感を得る方法まとめ

スリムなお腹

いかがでしたでしょうか?
満腹感を得るための方法としていろんな方法をご紹介しました。まとめとして上記のような内容をシンプルに言うと、やはり満腹感を得るためにはたくさん噛むこと、時間を長引かせること(20分程度)、それに加えて食事の前に運動をして血糖値を高めること。これがポイントになります。
 
育児中のママさんが、全てをまとめて取り入れるのは厳しいかもしれませんが、生活の中で簡単に取り入れられそうなものから試してみてはいかがでしょうか?
 
産後は妊娠中の時に比べて、行動の幅が広がってくるため痩せやすい時期です。
そのタイミングで満腹感をうまくコントロールし「食べ過ぎないこと」を意識することでより効果的な産後ダイエットが実現できるでしょう!