産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後にシミができる原因と対策方法とオススメの美白化粧品を紹介

産後のシミにお悩みではありませんか?実は産後のシミって妊娠中の頃からの女性ホルモンのバランスが大きく関係していたんです。

産後のシミに悩むママ

話を妊娠中に戻しますが、妊娠中の時期と言うのはどうしてもホルモンバランスの影響や、紫外線から体を守る防衛反応の影響で、シミが濃くなってしまうことがあります。

ですがそれはあくまで一時的なものであり、産後になるとシミはある程度改善されていく。と言う流れが基本なのですが、実際は中々改善されず産後にシミに悩んでいるママさんは少なくありません。

 

そこでこのページでは、産後のシミの原因から改善の為の産後のシミ対策についても紹介しています。(※後半部分に、産後も安心して使える返金保証付の美白化粧品を特集)

産後のシミができる仕組み

先ほど妊娠中のホルモンバランスによるシミが中々消えずに悩んでいる方が多い。と言う話をしましたが、それとはまた別で、産後は産後で他の理由から、シミができやすい状態になる場合があるようです。


と言うのも、産後に妊娠中の時にできたシミが残ってしまったり、逆に産後にシミが増えてしまうような原因は、大きく分けると2つあります。

それは

  • 女性ホルモンであるエストロゲンの関係
  • 色素沈着

これらが関係しています。

 

まず女性ホルモンのエストロゲンについては、産後のタイミングでエストロゲンが減少していくことに関係しています。

このエストロゲンと言うのは、簡単に言うとシミができにくくなるための働きをしてくれるのですが、産後のタイミングではこのエストロゲンが減少してしまうため、シミができやすい状態の原因となります。


もう一つの原因は、いわゆる紫外線などの肌へのダメージによって発生したメラニン色素の色素沈着が関係しています。

妊娠中にできてしまったシミが、周りの肌の部分にまで定着してしまうことで、なかなかシミが消えない。

言うことになってしまうんです。

産後のシミ対策方法

産後のシミ対策について見ていきますが、これから話す内容は実際にできてしまったシミに対するアプローチではなく、これからの産後のシミを予防するための方法に関する内容です。

実際にできてしまった場合の改善方法は、次の段落で解説していきます。


では、産後のシミやそばかすを対策するための方法ですが、これには大きく分けて3つあります。

  1. 日焼け対策
  2. 美容液やクリームでの美白ケア
  3. ビタミンCやビタミンAを積極的に摂取

これらがポイントになります。

ではまず日焼け対策から解説していきます。

日焼け対策

これはそもそもシミやそばかすをさらに増やしていかないためにも行いたい対策です。

シンプルですが、産後も日焼け止めクリームや、帽子、日傘などをフル活用した紫外線対策を取るのはとても大事なことです。

強い日差しと言うと、夏をイメージされるかと思いますが、強い日差しは1年を通して降り注いでくるため、寒い冬でもこのような紫外線対策は、バッチリ行ったほうが良いでしょう。

美容液やクリームで美白ケア

産後のお肌は、とてもデリケートな状態になっています。

そのためお肌に優しい低刺激の成分をメインとして配合している美白化粧品を使ってお肌をケアしてください。

ビタミンCやビタミンAを積極的に摂取

シミに関係するメラニンの沈着を防ぐ効果がある、ビタミンCや、肌の新陳代謝を促進してくれる働きを持つビタミンなどをたくさん含んでいる食品を、積極的に摂取していきましょう。

そうすることでこれまでの方法とは違い、体の内側からシミ対策をすることが可能になります。

その際は、赤パプリカやブロッコリー、鶏のレバーなどを摂取すると良いでしょう。

産後のシミ取りをレーザーで行う場合

産後のシミを効果的に取り除くには、やはりレーザーを使うのは良い手段だと思います。

しかし、産後にそのような施術を行ってもらうのも、いつからやっていいのか?

といったような些細な疑問がいくつかあると思うので、これから、産後のシミ取りレーザーについて解説していきます。

 

まず1番気になる時期的な話ですが、基本的にはいつからと言う断定的なものは無いそうです。

しかし、産後にホルモンバランスが乱れていることや、産後の体力の回復等を考えると人それぞれ違ってくるため、実際にレーザー治療を受ける病院で直接医師に相談することをお勧めします。

ただ、少なくとも産褥期を終えたおよそ産後1ヵ月以降が良いでしょう。

保険は適用される?

次に、このようなレーザー治療の際は保険が適用されるのか、実際にいくらぐらいかかるのかといったところが気になるかと思います。

値段については、どの皮膚科を選ぶかによってとても差があるようです。

しかし基本的に、消していくシミの範囲が広くなればなるほどお金が高くなっていく、という事はどこも共通しているようです。


また、美容目的のシミ取りの場合は保険適用外となるので、少々高くなってしまう事は覚悟しておいた方が良いかもしれません。


実際にかかる料金は、例えば5ミリ四方程度のシミだと、およそ1万円から2万円程度かかってしまう事は覚悟しておきましょう。

産後のシミ対策に効果的な美白化粧品は?

私が個人的に良いと思う美白化粧品は、ディセンシアから発売されている、サエルと言う美白化粧品です。

こちらは敏感肌専用の化粧品となっており、妊娠中の方でも安心して使うことができるんですよ。もちろん産後のお肌が敏感なママさんにもokです。

この時期は、一般的に良いものと言われていても、出産後のデリケートな時期にも使えるかどうかは別の話になってきます。なので、出産後でも安心して使えると言うのはそれだけでも大きいですよね。しかもこの美白化粧品は、30日間の返金保証が付いているため、実際に使ってから善し悪しを判断して、悪ければ返品をお願いすることもできちゃいます。

何かいいものはないかな?とお探しなのであれば、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

産後のシミが治った

妊娠してから産後まで女性の体はホルモンによる影響のため、どうしてもシミができやすく、なかなか消しにくい状態になってしまいます。

また、一度できてしまったシミに対しては、手の施しようがないということではないので、その点はポジティブでは無いかと思います。


しかし、一度できてしまったシミを取り除くには、とてもお金と労力がかかってしまうため、これからそういった時期を控えている方は、そうならないためにもこのページでまとめた予防法、対策方法をぜひ実践してみてくださいね。