産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

たんぽぽ茶って産後ママにどう良いの?おすすめ3つをご紹介!

たんぽぽ茶って聞いたことはありますか?最近、ダイエットにおすすめという事で話題になり始めて注目度もグンと上がっているお茶で『ダンデライオンティー』とも呼ばれています。

f:id:nextzone:20180825231839j:plain

授乳中はノンカフェインであることがかなり大切な飲み物選びのポイントなんですけど、ではノンカフェインという特徴を持っているたんぽぽ茶を飲むことでママの身体にどんな良いことが起こるのかを見ながら、たんぽぽ茶の選び方とたんぽぽ茶でもこんなものには要注意!という避けるべきポイントについても一緒に見て行きたいと思います。

たんぽぽ茶の効果とメリット選び方やおすすめのたんぽぽ茶を3つご紹介!

たんぽぽ茶をインターネットで検索すると、いろんなメーカーから発売されている様々な商品がヒットします。

この記事では、中でもオススメで人気のあるたんぽぽ茶を3つご紹介します。

お勧めの紹介に入る前にたんぽぽ茶の基本情報や期待されている効果などについて見ていき、実際にたんぽぽ茶を選ぶ際のポイントとなる基準についてみていきたいと思います。

たんぽぽ茶はどんな飲み物なの?

まず最初にたんぽぽ茶の基本情報について簡単に見ていきましょう。

たんぽぽ茶については、なんとなく体に良さそうだと言うイメージを持っている方は多いと思います。

そもそもたんぽぽ茶と言うのは、その名の通りたんぽぽを活用しており、たんぽぽの根っこが原材料となっています。

そのため、基本的にはたんぽぽ茶はどれも同じような飲み物になります。

しかし、メーカーによって違いがあるんです。

その違いと言うのは、たんぽぽの根っこを乾燥させるための方法だったり焙煎する方法など、こういった部分はメーカーによって工夫を加えているところがあるので違うところになります。

そういった違いがあるため、味とか風味なども変わってきます。

また、たんぽぽの根っこに加えてブレンドする材料等によっても違いが出てきます。

当然含まれる栄養素成分なども変わってくるためたんぽぽ茶=どのメーカーも同じと言う認識ではありません。

たんぽぽ茶にはどんな効果が期待できるの?

わざわざ麦茶でもなく緑茶でもなく、たんぽぽ茶を購入するわけですから、たんぽぽ茶なりのポジティブなメリットがあると嬉しいですよね。

そこでたんぽぽ茶の効果効能として期待されていることに関する内容を深掘りしていきましょう。

たんぽぽ茶は美容や健康に良いとされていますが、そういった効果効能を支えているのはたんぽぽ茶に含まれる栄養素です。

たんぽぽ茶は基本的にビタミンやミネラルが豊富だとされています。

ここだけでぴんときた方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラルが豊富だと言う事は健康面だけでなく美容面でも大きなメリットとなります。

特に、近年では色の欧米化が進んでいるため、ビタミンやミネラルが不足しやすい時代だといわれています。

そういった食事に心当たりのある方はたんぽぽ茶を飲み続けることで美容面で大きな効果を実感できるかもしれませんね。

またたんぽぽ茶には鉄分がたくさん含まれているのも特徴の1つです。

こういった特徴は、生理周期の中で発生しやすい貧血に対しても良いですし、子供を出産したばかりのお母さんの体の回復にとっても重要で、血液が元となって作られる母乳の質を高めるためにも重要だと言われています。

鉄分はなかなか摂取できないレアな栄養素と言うわけではありませんが、普段の食事であまり摂取されにくい不足しがちな栄養素でも有名なので、それをたんぽぽ茶から積極的に摂取できるのも大きな強みなのかなと感じます。

個人的に嬉しいメリットとしては、たんぽぽ茶が持つ女性ホルモンバランスを調整する機能です。

私たち女性は女性ホルモンのバランスの乱れによって様々な症状に悩まされてきていますよね。

女性ホルモンのバランスが整っうと言う事はそういった症状が改善されたりいくらか落ち着いたりするために重要となってきます。

ちなみに、女性ホルモンのバランスの乱れ等の影響を大きく受けやすい出産後の方のお助けアイテムとしてもたんぽぽ茶はよく選ばれているようです。

実際に口コミを見ても生理不順が改善されたりと、生理周期の中でも変化を感じる方が多くいらっしゃるのも事実です。

これ以外にもたんぽぽ茶の効果や魅力について挙げるとキリがありませんが、この記事ではこの辺にしておきましょう。

たんぽぽ茶を選ぶ基準を教えて

それではたんぽぽ茶を選ぶ際に知っておきたいいくつかの基準についてお話ししていきたいと思います。

原材料の内容

自分が選んだたんぽぽ茶にどんな原材料が使われているのかと言うのは非常に重要となってきます。

例えばですが、たんぽぽ茶の中でもたんぽぽの根っこが100%使われているものもあれば、黒ゴマやドクダミなどの健康要素がブレンドされているものもあります。

もちろんどっちが悪いとか言う話では無いのですが、ドクダミや黒ゴマなどがブレンドされているようなものであれば健康を意識されている方にはオススメですが、その分味がちょっと苦くなってしまうものもあったりします。

たんぽぽ茶の味そのものを楽しみたいのであればシンプルにたんぽぽ茶の根っこが100%使われているものを選ぶことをお勧めします。

粉末タイプかtバックタイプのものか

たんぽぽ茶を見ていると大体この2つのパターンに分かれます。

こちらも、どれが悪いとか言う話ではなく、個人の好みによって選び方が変わってくるのですが、わかりやすく言うとtバックタイプのものであれば、コストパフォーマンスが高くたくさん飲みたい人にオススメです。

粉末タイプのものだとインスタントコーヒーのように溶かして飲む感じになります。

風味や飲み心地など、粉末タイプのものの方が好きだと言う方もいらっしゃいます。

これについては実際に飲み分けなければ難しいポイントですが、いろんな方の口コミを参考にしてみると良いかと思います。

オーガニックかどうか

特に安全性を重点的に考えない人であれば気にしなくても大丈夫なポイントですが、例えば妊婦さんであったり、母乳育児中のママさんだったり、そういった状況の方は安全性を特に気をつけたいところですよね。

オーガニックであるかどうかについてはその商品の公式サイトなどを見るとわかります。

また安全性を重視する上で知っておきたいポイントとして日本有機栽培認定食品であるかどうかもポイントの1つです。

こちらは農林水産大臣が定めている一定の基準を合格している商品にしか与えられないため、この認定があるものはかなり安全性やクオリティーが高いものだと思って間違いありません。

お勧めのたんぽぽ茶を3つ紹介

それではお勧めのポップを3つご紹介していきたいと思います。

ドクダミたんぽぽ茶

こちらは30個入りが1296円になっています。

Tバックタイプで原料にはたんぽぽの根っこのほかに黒豆や発酵ぎんねむ、ドクダミなどが含まれています。

カルシウムや鉄分を始め、健康に欠かせない様々な重要な栄養素が含まれていることも有名で、小さいお子様にも重要な成分がたくさん含まれています。

育児中のママさんにも人気があるようです。

たんぽぽ子育茶

こちらは、20袋入って1150円です。

その名の通りお子様にもオススメできるものですので、子育て中のママさんに大変人気のあるものです。

こちらのたんぽぽ茶の作り方はとてもシンプルで、パックの麦茶のように、水の中にtバックを入れるだけなので非常に手頃で、忙しい方にとっても使い勝手が良いです。

ノンカフェインたんぽぽ茶ブレンド

こちらは30個入りで税込み2000円になります。

Tバックタイプで、様々な原材料がブレンドされており、ビタミンやミネラルを始め、健康や女性にうれしい美容をサポートする成分も豊富に含まれています。

また口コミで、便秘に効果があったと言う声が多いという特徴もあります。

お通じトラブルに悩んでいる方にもオススメです。