産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

内職探しは意外と簡単?授乳中の育児ママでも空き時間にできるお仕事

f:id:nextzone:20170410092525j:plain

産後は何かと出費も多く、自分自身が仕事復帰できていない時期は旦那の収入だけが頼りになりますので、決して楽ではありませんし、そういった中でもたまには自分のご褒美に…。と少しでも自分のために使えるお金があると全然違いますよね。

そのように思われているママさんはとても多く、育児中に内職をされているママさんはたくさんいらっしゃいます。

しかし、特にそういった情報を今まで知る機会がなかった方にとっては、「内職ってどうやって探すの?」「どんなのがあるの?」など、気になることが多々あると思います。

そこでこのページでは、内職探しをする際のお勧めのサイトや、近年の新しい内職のスタイル等をご紹介していきます。

内職探しは意外と簡単♪「内職市場」ですぐに見つかる!

育児中の私でもできるちょっとした内職を探している。と言う方にぜひオススメなのが「内職市場」と言うウェブサービスです。

そこでは、昔からよくある商品のラベル貼りや、資料の仕分け、輸入製品の検査の作業など、地道なものがありますが、自分のペースで数こなして生活リズムに合わせた収入のコントロールができるのが魅力です。

また、主婦の方やママさんが多く登録する「ママワークス」という求人サイトでも在宅で出来る様々な仕事がありますので、こちらもチェックしてみると良いかもしれません。

ですが、最近の内職事情はそれだけではありません。

SNSやブログなどに関係するデジタル内職が人気

f:id:nextzone:20170410092528j:plain

一般的に内職と言えば、先程の段落でもお伝えしたような「お家にたくさんのアイテムが届いて、永遠と細かい作業をし続ける」といったイメージの方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、最近ではスマートフォンやパソコンなどの私たちにとって身近な電子機器を活用したデジタル内職と言うスタイルも主流となりつつあります。

デジタル内職では、簡単なデータ入力からブログ作業、SNSの更新など、私たちにとって非常に身近なものを仕事として行うことができます。

実際にそういったインターネット関係のものを使って何か仕事をするとなると、どうしても小難しいイメージや怪しいなどの先入観などもあるかもしれませんが、初心者の方でもできるものも全然ありますし、中身をよく見てみると、意外と普通のものばかりです。

もちろん中身を見てどんな内容か、自分にできそうかどうか。といった判断はご自身でされる者ですが、こういった新しい内職のスタイルでお小遣い稼ぎをされている主婦の方はたくさんいらっしゃいます。

インターネット関係の仕事に対してネガティブなイメージを持たれている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

以前まで私もそうでしたが、先入観に従って新しいものを門前払いしていては自分の可能性が狭まってしまうだけです。

知ってみると自分にぴったりのものだったりするかもしれませんので、一度見てみると良いかもしれません♪

育児中のママは内職でどのくらい稼ぐの?

これについては人それぞれ違ってきます。

ですがいろいろ調べてみると、実際は10,000円から30,000円ほどのお小遣いを稼がれている方が多いように感じます。

地域によってはフルタイムで働いても手取り150,000円しない方もたくさんいらっしゃいますし、週何回かアルバイト入っていても50,000円前後の収入の方も少なくありません。

そう考えると自宅で自分のペースで育児をしながら空き時間に行える内職が、1ヵ月に1万円から3万円ほどの収入となるのは無難と言えば無難かも知れませんね。

フットワークの軽さがちょっとした後悔を招いた話

これは私の親しい友人の話なのですが、彼女は子供を出産して仕事復帰をする際、様々な方法でいろんな仕事を調べていました。

彼女はとてもフットワークが軽く行動派な人で、当時彼女は育児で長らく社会から離れた寂しさから、働きたい欲やお金を稼ぎたいと言う気持ちが非常に強く、あまり深くは考えずとりあえず見つけた仕事を応募し、その仕事も間もなくすぐに決まりました。

・・・しかしそのすぐ後に彼女は、今の仕事よりも自宅に近く、時給が高く、さらに自分の好きなジャンルの仕事を発見したんです。でもその時仕事も決まったばかりで彼女は人が良かったので、すぐに止めることができず彼女は後悔していました。

 

…仕事探しは不明との巡り合わせ。とも言いますが、妥協や勢いで物事を決めてしまうと、後々後悔する可能性もあります。

なに色とは言え、自分ではこれだけできるだろう。と思っていても実際にやってみると、家事や育児がバタバタしてしまってなかなか受けた仕事が回らない。

このような悪循環に陥りさらなるストレスを抱えてしまうママさんも中にはいらっしゃいます。

このページの冒頭でお伝えした内職市場やママワークスと言うページを見てみると、仕事がたくさんあることがわかります。

しかし、焦りや勢いなどで決めてしまわず、どんな仕事を選ぶか、仕事量はどのくらいにするか、そういった部分もよく考慮したうえで、今の自分に最も合うであろう仕事を選んでいきたいですね。