産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

授乳中のカフェインは危険?安全に飲むための摂取目安とタイミング

授乳中だけどコーヒーが好きだからたまには飲みたい!…でも授乳中のカフェイン摂取は良くないし…。母乳育児をしている場合、ほんの少しでもカフェイン摂取は危険なの?
このような悩みや疑問をお持ちではありませんか?
 
結論から言うと、カフェイン摂取はほんの少しであれば問題ないと言われています。
ただ、ここで重要になってくるのが、授乳期間中にどれだけのカフェイン摂取なら安全なのか。と言うポイントです。
ここでは、産後の授乳中でも安心のコーヒーを飲む目安や、カフェインの過剰摂取による赤ちゃんへの危険についても見ていきたいと思います。

母乳を通してのカフェインによる赤ちゃんへの影響は“少ない”

コーヒー

母乳育児の真っ最中にコーヒーやお茶などを飲んでカフェインを摂取したとしても、母乳を通して赤ちゃんにカフェインが移ってしまい、そこから何らかの危険につながってしまう可能性は限りなく低いと言われています。
しかし、よく調べてみても、全く影響がない。と伝えているところはほとんどなく、あくまで影響が少ないと言うだけで、全く心配がないわけではなさそうなのでやはり授乳中のカフェイン摂取量は気をつけるに越した事はなさそうです。
 

コーヒーは1日に何杯飲んでいいの?

カフェインが含まれている食品はコーヒーだけではありませんが、ここではコーヒーを例にしてお伝えしていきたいと思います。
なお、授乳中にコーヒーを飲むのであれば、1日に2杯から3杯程度なら飲んでも問題ないと言われています。これ以上飲んでしまうと、赤ちゃんに何らかの影響が出てしまう恐れがあるため、安全第一でコーヒーを飲みたいと言う方は、この目安量を守って飲むことをお勧めします。
 

カフェインの過剰摂取は赤ちゃんへのどんな悪影響につながるの?

もしも、授乳中にコーヒーをたくさん飲んでカフェインを過剰摂取してしまったとします。そうなることで赤ちゃんに対してどんな悪影響が心配されるのでしょうか。
考えられる事としては以下のようなことがあります。
  • 赤ちゃんが興奮気味になり落ち着かなくなる
  • なかなか眠れなくなる
  • いつも以上に不機嫌になりやすい
  • 目つきが悪い
  • 夜泣きの頻度が増える
このような症状が考えられるそうです。
なお、コーヒーもしくはお茶を飲みたいけれど、カフェインによる赤ちゃんの影響がやっぱり気になってしまう。と言う方は、赤ちゃんに授乳した直後にコーヒーを摂取することで、赤ちゃんへの影響の可能性を限りなく減らすことができます。
 

カフェインは育児中のストレスを緩和してくれる

カフェインとなると、眠気覚まし以外にはあまりメリットがないように思われがちですが、実はストレス緩和効果が期待される成分なんです。
なので、適度にカフェインを摂取する分には普段の育児のストレスを緩和することにもつながるので、メンタルケアの面でメリットが期待できると言えるでしょう♪
 

コーヒー以外のカフェインが多く含まれる飲み物

このページでは、コーヒーで話を進めてきましたが、コーヒー以外にもカフェインが多く含まれている飲み物は他にもあります。
それは、
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • ココア
  • コーラ
  • 栄養ドリンク
などです。
逆にカフェインが少ない飲み物は
  • 麦茶
  • ハーブティー
  • たんぽぽコーヒー
  • デカフェ
これらです。
どうしても心配だと言う方は、こういった飲み物をチョイスすると安心かもしれませんね。
 

寝る前の4時間はカフェイン摂取を控えるよう

カフェインと言えば、徹夜で勉強したりお仕事をされる方が、眠気覚ましとして飲むことも多いですよね。
実際にカフェインの働きには、人間の脳を覚醒させて眠気覚ましの作用を与えてくれる。と言うものがあります。また、カフェインを摂取して20分から30分程度で眠気覚ましの効果が始まり、3時間から4時間程度までそれが持続するのだそうです。
つまり、徹夜で何かをする場合は良いのですが、睡眠不足が続きやすい授乳中のママさんにとって、寝たいのに眠れないと言う事態になってしまいます。
それはとてもきついですよね。。寝る前にコーヒーなどを飲んでしまうとなかなか寝付けない。と言う事態になりかねませんので、寝る前のコーヒー等の摂取は避けたいところです。
 

まとめ

2つのコーヒー

授乳中のコーヒーは基本的にあまりオススメされていませんが、全く飲んではいけないと言うわけではありませんし、適度に摂取することでストレスコントロールの効果を得ることもできます。
赤ちゃんの為にも、くれぐれも飲み過ぎには十分注意した上で、たまにの息抜きにコーヒーを飲みたいですね♪