産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

赤ちゃんは楽しいけどしんどいw

産後は誰しも鬱っぽくなると思います。初めての育児だったらなおさらです。自分もそうでした。

生まれる前は早く会いたいという思いでいっぱいでしたし、いろいろ想像しては楽しみにしていました。ベビー用品を買い集めたりしていて心待ちにしていましたが、新生児を世話することは予想よりもずっと過酷なものでした。

赤ちゃんの泣き声

新生児は生活リズムが夜型です。だから夜によく活動するし、泣くのも夜、どういうタイミングでぐずるのかも予測できません。

3000グラムを下回ると、おっぱいを吸う力も弱いので、なかなか上手にお乳を飲んでくれません。そして、おっぱいを挙げる回数がすごく多くて気を使います。おっぱいの先がボロボロになっていたくなることもしばしばありました。そのたびに、オーガニックの軟膏を塗ってなんとかやり過ごしました。

 

新生児は一日中寝てばかりです。いつ起きるかわからなくてなかなか生活のリズムをつかみづらくてイライラしてきます。せっかくドラマを見始めても、急にぎゃんぎゃん泣いたりします。かといって笑顔を見せることはほとんどありません。赤ちゃんって生きているのか死んでいるのかよくわからないので、たまに鼻の下に指をあてて、息をしているか生存の確認をするくらいです。

おむつを替えて、おっぱいを挙げて、抱っこして、あやして、の繰り返しで一日が過ぎてゆきます。合間に家事をしたり、お風呂に入ったりとママは自分のことをケアする時間はほとんどないのです。

 

自分はこの子の世話だけをして死んでいくのかもしれないと、思い詰めていきやすくなります。幸い、義理の両親のもとで出産したので、つらくなると姑に子供を預けて出かけたりすることができたのでリフレッシュして心を落ち着けることができました。誰かに少しだけでも見てもらうことができるのならば最高です。自分一人でやらなければならないと思ってしまいやすいので、なるべく他の人にも手伝ってもらって息抜きすることで元気を保てたように思います。

 

また、自分の場合は、料理が大好きなので、子供をおんぶできる時期になればおんぶしたり抱っこしたりして料理をしていました。包丁を使って野菜を刻んだり、料理することでとても息抜きになったように思います。児童館などもよく利用しました。出産前から、ママ友を作っていくと会話もできますし、子供のことを共有することができるので特にお勧めです。

近所にママ友ができると、こどものことで相談もできるし、不安があればきいてもらえるし距離感をうまくもって付き合うことはなかなかレベルの高いものですが、友達の存在は貴重です。自分自身も近所の児童館に通うようになって、顔見知りのママ友が数人できました。娘の誕生日もとてもちかいので、発育に関してなどもはなしたりしてとても心強いです。やはり、月齢の近いママ友のほうが話しかけやすいですし仲良くなりやすいです。

赤ちゃんをあやす

買い物に行くのも気晴らしになるので、よくでかけていました。子供が小さい頃は特に手がかかるので、なかなかいえから出られませんが、食材の買い出しやベビー用品などは買わないと生きていけません。最近はネット通販も割引などで利用しやすくなっていますが、すぐ必要になったりしたときに困ります。近所のドラックストアにちょっといくだけでもリフレッシュになりますし、子供も日光浴になってよかったと思います。公園は、夏場が日差しがつよいですし、虫も多いのでなかなかお勧めできません。保育園を思い切って利用するのもよいです。一時預かりというものができる認可保育園が増えました。数時間だけでも母子ではなれてみるのもお互いリフレッシュになりますし、ちょっとした用事も済ませることができるので何度か使いました。人気の保育園は、駅から近いところです。やはり利用しやすいので、三か月前から予約ができるのですが、すぐに満杯になってしまいます。キャンセル待ちもできますので賢く利用することがいいです。持ち物がたくさん必要だし、名前を記入していかないといけないなどは少し面倒ですが、ランチを食べに行ったり、美容室に行ったりするのにとても役立ちます。うちの子は少し人見知りなので、大丈夫かなあと思いましたが、すぐに溶け込んでみんなと一緒にお昼寝していたと聞いてびっくりしましたが、思ったよりも子供というものは順応性があるのかもしれません。認可保育園に入園させるために、一時期認可外保育園も利用しましたが、とても費用が高いので気を付ける必要があります。入会費用や年会費なども必要なところもあります。利用しやすいので、数か月使いました。仕事をし始めたころはやはり認可外保育園が入りやすく通いやすくて重宝しました。うまく両立していけるようにいろいろ調べることをお勧めします。