産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後のデリケートゾーントラブル解消アイテム『インクリア』を使ってみた体験談

産後のママには人には言えないことや言いにくい悩みもあります。

そのひとつが産褥期の悪露と同じようなニオイがしたり、おりものの量や臭いやかゆみなど、いわゆる『デリケートゾーン』に関する悩みです。

f:id:nextzone:20180701160246j:plain

仲の良い同性の友達にすら言いにくい悩みのひとつという方も多く、その友人ですら仲が良いからこそ言いにくいという方も。

そして自分ひとりで悩み苦しんだ挙句に間違った対処をしてしまう方も多いようです。 このページでは、そんな産後ママにとっての悩みの解消に多くのママが選んだ『インクリア』というアイテムを詳しくご紹介したいと思います。

インクリアという名前をご存じない方はぜひ続きを読んでみてください。

インクリアってなに?特徴は?

インクリアは女性のデリケートゾーンのトラブルを解消するための『膣内洗浄ジェル』です。

f:id:nextzone:20180701160340j:plain

産婦人科医との共同開発による洗浄ジェルで、膣内を清潔な状態に保つだけではなく常在菌のバランスを健康な状態に保つことで膣カンジダなどの病気の発症や再発の予防までも視野に入れた『デリケートゾーントラブル専用メンテナンスジェル』といえるのがインクリアです。

特徴として最初に知っておいて頂きたいのはインクリアは洗浄ジェルと言っても『石けんや消毒薬などではない』という事です。

インクリアは乳酸配合の弱酸性ジェルで膣内の自浄能力を助けるアイテムなんです。

デリケートゾーンのニオイやかゆみ、痛みが悩みになっているということは、すなわち『膣内が健康な自浄能力を保てていない』ということなんですね。

このようなトラブルに見舞われているデリケートゾーンをもとの健康な状態に戻る力を支えるのがインクリアなんですよ。

 

インクリアの成分や効果ってどんなの?

インクリアの成分は膣内環境の自浄作用を高めるために配合されたもの。と公式サイトで説明されています。

具体的にはどんな成分でできているのかというと、間違って赤ちゃんが口にしても問題ない『もともと身体に存在するものやそれに近いもの』が主成分となっていました。

・乳酸

乳酸はインクリアでもっとも大切な膣の自浄作用を高める目的のための主成分。

膣内環境の自浄作用はデーテルライン桿菌という乳酸菌の一種に守られているのですが、そのもとになってくれるのが乳酸です。この乳酸の働きは膣内の自浄作用をつかさどる常在菌の育成を助けます。

・ヒドロキシエチルセルロース

ヒドロキシエチルセルロースの目的は液体に粘性(粘り気)を付けるためです。

インクリアの主成分の乳酸が長く膣内にとどまるために配合されていて、食物繊維を加水分解したものなので安全性が高く口に入ってもまったく無害です。

・パラオキシ安息香酸メチル

パラオキシ安息香酸メチルは、インクリアが開封されてから未使用で保管されている間にも品質が劣化しないための防腐剤です。防腐剤というと身体に悪いんじゃ・・というイメージを持っている方も多いかと思いますが、パラオキシ安息香酸メチルはラットを始めとする動物試験、人間の肌に塗ったり口に含んでもらったりする臨床試験でも安全性の高さが確認されているものです。

・グリセリン

グリセリンはアルコールの一種で、インクリアの場合では内部に繁殖した雑菌を殺菌したり、もともとのバランスを欠いている常在菌のリセットのために配合されています。

例えば、膣カンジダの原因はもともといる常在菌のデーテルライン桿菌の異常繁殖や部分ごとの異常な数の減少です。数が増えすぎても少なすぎても変質を起こして病気の原因になるのが常在菌で、これは膣だけではなくニキビの原因になるアクネ菌ももともと肌表面にいる菌のひとつで紫外線から肌を守る役割を持っています。それと同じことが膣内でもあって、その常在菌のバランスが乱れると病気の発症になるんですね。

・ヒアルロン酸ナトリウム

ヒアルロン酸ナトリウムは、たったご存じの方も多いと思います。目的は保湿です。1gで6,000g(6リットル)もの水分を保持することができる性質を持っていて、もともと体内に存在する成分でもあります。

膣内環境を正常に保つためには適度に湿度が維持されていることも大切です。菌の正しい繁殖には常にうるおいがあって古くなった菌は新しい菌にバトンタッチして排出される過程でおりものなどの分泌物になっています。その働きを助けるために配合されているのがヒアルロン酸ナトリウムなんですね。

 インクリアの効果はおりものの匂いに効く?

 インクリアに効果は『膣のニオイ消し』というわけではありませんが、当たりまえのことして膣内の自浄作用が高められれば結果として匂いの原因になる真菌や雑菌の異常繁殖はおさえられて『嫌な匂いの解決』にはつながります。

その証拠と言ってはなんですが、実際に使ってみた方の84%がおりものを始めとするデリケートゾーンが臭くなる悩みが改善されたというデータがあります。

ただし、あまりに頻繁に使い過ぎるとインクリアに含まれる乳酸が、自分自身の膣内でちゃんと正しい常在菌が育つ前にリセットされてしまうという繰り返しになる恐れがあります。

インクリアは医薬品ではないからこそ正しい使い方が大切になってくるんですね。

デリケートゾーンを健康に保つって?

ほとんどの方が思っていたり実際に毎日お風呂に入るたびに洗っているデリケートゾーン。 ちゃんと清潔な状態になっているはずなのに、おりものの匂いやかゆみ、痛みが出る場合もある・・ なんでこんなことになるの?

と疑問を感じる方も多いかと思いますので少し説明させてください。

『デリケートゾーンを清潔に保つ』というのは『洗うこと』ということではありません。

正確に言えば『健康な状態に保つ』かもしくは『健康な状態を取戻す』ということです。

ちょっと勘違いしやすい部分ではあるのですが『清潔な状態』というと石けんやボディソープなどで泡立てて汚れを落とした状態を指すように思われるかも知れませんが、そうではなく先ほども触れた通り『自分自身の身を守るための菌を持った状態』が健康な状態と言います。

わたし達人間は肌も粘膜も『常在菌(じょうざいきん)』という外敵から守ってくれる菌の働きによって守られています。

肌の場合はニキビの元になると言われているアクネ菌なども異常増殖してバランスを乱したりしなければ、肌の健康を保ってくれる常在菌のひとつです。

膣内の場合は乳酸桿菌(デーテルライン桿菌)が住んでおり、その働きで膣内環境が酸性に保たれることで自浄能力をキープしているために外部からの雑菌侵入やその異常繁殖を防いで『健康な膣内環境を維持している』という仕組みです。

おりものの匂いが気になったり、かゆみやヒリヒリするような痛みが起こるのは、酸性の環境が乱れていたり常在菌が減っていたり、逆に異常増殖していたりする状態になっているためなんです。

そうなると、外部からの雑菌に負けてしまい、良く知られているところでは膣カンジダなどの病気が起こる原因になってしまうんですが、その前にニオイが気になったり、かゆみや痛みが感じられるなどの『サインのような症状』が発生するというわけなんですね。

 

インクリアの使い方は?いつ使うの?

インクリアの使い方や使い時のタイミングについて見てみましょう。

ホルモンバランスの変化で体調が変わる女性のデリケートゾーンは、おりものが臭くなると感じる方がたくさんいます。

せっかくのアイテムも使い方や使い時を間違えたら効果半減なので、もったいないですよね。

インクリアの使い方

インクリアの使い方は公式サイトでも紹介されていますが、寝た姿勢で膣に挿入してシリンジ(注射器のような形のシリンダー状の器具がインクリアの本体)のピストンをゆっくり押して有用成分を送り込むというものです。

有用成分については先ほどもお話した通り、膣内環境を正常化することが目的なので、注入時にあふれて流れ出てしまうことが無いようにゆっくりピストンを押すのがコツ。 立った姿勢でも使うことは可能ですが、有用成分が流れ出てしまっては無駄になってしまうので公式サイトでは寝た姿勢で使うのがおすすめとされています。

f:id:nextzone:20180701160821j:plain

インクリアはいつ使うの?使用頻度は?

インクリアはお薬ではないので、一日一回手が空いたときの自由なタイミングで使えます。また、使用頻度については使い始めてデリケートゾーンの臭いが軽減されたと感じたら、その後は生理前や疲れたり風邪をひいて体調が悪いと感じた時などに使うのが良いでしょう。

女性の身体はホルモンバランスの変化に影響されるものですが、それと同時に体調にホルモンバランス側が影響を受けるという側面もあります。体調が悪くなってだるくなったり疲れが取れないと感じていると膣内の免疫力も落ちてしまうものです。

体調側の変化でホルモンバランスが影響を受けて膣内の自浄作用が落ち込むと、またおりものが臭くなったりしまう可能性があります。

なので、体調の不安を感じている時や疲れている時に使うというのが良いでしょう。

使い続けるのはいつまで?

また、おりものの臭いなどの悩みがすでに改善されているのに毎日使うというのは避けた方が良いでしょう。その理由はインクリアの洗浄力で一旦膣内の樹上作用もリセットされてしまうかも知れないからです。良い状態が保たれているなら使わないというのがポイントですね。

赤ちゃんが触ったり口に入れたらどうする?

また、乱れた膣内の自浄作用を正常化することが目的なので、殺菌成分などの薬用成分は一切入っていませんので、間違って口に入ってしまってもまったく問題ありません。

仮に赤ちゃんが興味本位で口にしたとしても乳酸はまったく無害なので安心して手近な場所においておくこともできます。

忙しい育児中のママにとっては膣トラブルをひたすら我慢してしまう方も多く、好きなタイミングでお風呂に入ることもできず症状を悪化させてしまう方もいるので、心当たりのある方はインクリアを試してみてはいかがでしょうか。

では、実際にインクリアを使ってみた方の体験談を一緒に見てみましょう。

インクリアの口コミ体験談

東京都在住 33歳【口コミます】さんのインクリア体験談

わたしの場合は産後の産褥期の悪露がなかなか治まらず、量が少なくなってからもしばらく出続けていました。

悪露が出続けた期間は大体2ヶ月ちょっとくらいですかね・・

その頃には最初のような血液の鉄分くさいニオイはなくなりましたが、その代りに生ごみのようなニオイがきつくなって来て、最初はお風呂にできるだけこまめに入って洗いながらやりくりしてたんですけど、却ってそれが良くなかったんですね・・

一日に4回シャワーを浴びるなんていうのは日常茶飯事で、ちょっとでもすき間時間ができたらお風呂に入っていた感じでした。 その理由はもちろんニオイです。

でもそれからさらに2ヶ月もたった頃には、主人にも指摘されるくらいにきつくなっていたようで自分では悪露の治りが遅かったことから始まっていたことなので症状が悪化していたことに鈍くなっていたんだと思いましたけど、主人も言いにくかったと思います。

もちろん言われたわたしも嫌な思いはしましたが、あまりにも主人が申し訳なさそうに言っていたので『なんとかしなきゃ!』と思いました。

それから産婦人科に相談に行ったら『細菌性膣炎を発症しているのではないか』と言われました。

痛みやかゆみはなかったのですが、悪露が出続けた期間の長さや回復が遅かったこともあってそれだけあそこが良くない状態になっていたんですね・・・

ただし、細菌性膣炎の場合はかゆみも出るし、酷くなると痛みも伴うケースがあるのでその部分は少し通常と違うけど・・という診断でした。

でも授乳中だったので抗生物質を飲むことは出来ないので、そのことを告げるとインクリアを教えてくれたんです。

それで病院から帰る道中でスマホでインクリアを調べてみたら、実際にカンジダ膣炎に悩まされていた方が症状が改善されたという体験談もあって、とにかく試してみようと思ってさっそく購入してみました。

産婦人科の先生の話だと少なくとも1週間は使い続けてみないと症状の改善が実感できない場合もあるようだから、最初にある程度の量をまとめて買っておくと良いと思いますよ。と教えてくれたので10本入りのセットを買って使ってみました。 説明書には寝た姿勢で使うと良いと書かれていましたし、メーカーのサイトでもおすすめの使い方で寝た姿勢が良いと書かれていたのでその通りに使ってみることに。

初めてインクリアを使ったときは膣に入れたときにヒヤッとする感じで何とも言えない違和感がありましたけど、注入し終わってみるとなんともなく『こんな感じなら無理なく使い続けられるな』という感覚でした。

そのうち慣れてくると今日はちゃんと使用したのか忘れそう・・っていうくらいに感じたのが印象深かったです。

効果のほうは一週間もすると自分でもはっきりと分かるほどニオイを感じなくなりました。

ちょうど、シャワーを浴びて洗った直後の感じが続いているような感覚です。 それで、これは良さそうだと思って10日分を使い切る前に10本入りをあと2セット追加で注文しました。

使い始めて2週間経った頃には、自分でも『デリケートゾーンのニオイに悩んでいたなんてあったっけ?』っていうくらいの感じでしたが、これまた産婦人科の先生の話だと雑菌を殺すわけではなくて自浄作用を正常化するだけだから良くなったと思ってもすぐにやめずにしばらく使い続けてみてください。と言われていたので『もう治ったんじゃない?』と思っていてもとりあえず手元にある分は全部使い切ってしまおうと思いました。

せっかく買ったわけだしもったいないというのもありましたしね(笑)

今では、あの頃の悩みだったニオイは全然再発もすることなく無事に過ごせています。 インクリアを使ってみて本当に良かったです。 お薬を飲むことができない産後の授乳中のママで悩んでいる方なら真っさきにおすすめしたいと思います♪

 

インクリアの購入方法|最安値は?

インクリアの購入方法は、実際にドラッグストアや薬局などの店頭でも入手できるようですが、通販が一般的なようです。

当然と言えば当然ですけどデリケートゾーンに使うものなので、店員さんに見られて買うのも嫌な話です。

そうなるとやっぱり通販ということになるのですが、問題は通販で購入する際にどこで購入するかです。インクリアは結構知名度の高いアイテムだけに楽天やamazonなどの大手通販ショッピングモールでもたくさんのショップがインクリアを出品しています。

これも当然と言えば当然ですけど、少しでも安く早く手元に届いた方が良いの決まってますよね。

そうなると『インクリアの公式サイトで注文する』のが一番良いということになります。

なぜかというと・・・

  • 楽天やamazonのショップ出品ものでも価格はほとんど一緒
  • ショップ出品ものでは長期在庫の品質劣化品や転売品などの最悪ケースもあり得る
  • メーカー公式サイトでの注文ならば品質の心配がない
  • 自宅に届くときに『それと分からないように宛名や品目を記載する』などの配慮も万全

こういった理由から公式サイトでの注文が一番信頼できるという評判が高くなるんですね。今このページを書いてるわたし自身もインクリアを買った時は公式サイトから10本入りを3セット買ったときも公式サイトから注文しました。

たった数百円をケチったがために『ハズレ品を買わされた』なんてシャレにもなりませんからね。