産後ラボ ママのための応援団

産後に起こる経験談や悩みを解決にむけて記事を作っています。ママの応援になれれば。

産後でも気になるお腹周りのお肉│ダイエットに挑む3つのポイント

私が理想とするお腹周りは、お腹を凹まして息を止めたときのぺったんこ加減です。
これが無理やりに凹ましたのではなく、通常の状態になりたいと鏡を見ながら思い立ち、ダイエットを始めました。

あれこれと調べたら、まずはお腹の筋肉が緩んで内臓を支えられなくなったことが要因のようです。
だからお腹の筋肉をしっかりと鍛えれば自然とそのスタイルをキープできるはず。
それが私のお腹周りダイエットの方向性と定まりました。

お腹周りのお肉をすっきり

ただし、30代後半という年齢を考慮すると内臓脂肪もある程度は身に付いているかもしれないし、宿便が溜まっている可能性もあります。
それらを全て気にしつつ、トータルで理想に近づくのがベストだと考えました。

そこで取り組んだのは、次の3つのことです。
まずはいつでもお腹に力を入れて、凹ましている状態をなるべく保つこと。
そしてお腹周りを冷やさないように腹巻などを利用して常に温めているようにすることと、冷たいものは極力摂取しないこと。
最後は、別に便秘体質ではありませんでしたが、排便をよりスムーズにするための食生活を心掛けて宿便を一掃したことです。

お腹を凹ましているのは、きっと運動よりも楽ちんだと思います。
ただし、これをずっと継続しているのはなかなか大変なのです。
私の場合は、割とストイックにずーっと頑張っていました。
キッチンに立っている間も、椅子に座って仕事をしている間も、そして食事をしている間だって同じです。
とにかくお腹を凹ましていることを就寝中以外はずっと意識し続けるのです。
これをやっていると、最初はお腹が筋肉痛状態に陥ります。
普段はだらっとしているので、凹ましているだけでもお腹には負担となるのが解りました。
鈍い筋肉痛はなかなか辛いものがありましたが、最初は腹筋さえ儘ならない状態だったので、致し方なくというスタートです。
ところが筋肉痛になり、意外にもお腹に効き目を感じたので、それからも特別に負荷の掛かる運動に切り替えることなく続けていました。
これは本当に効き目ありと断言できます。

 

www.35labo.com

 

 

 

女性用の腹巻

腹巻はお風呂に入る直前に外して、出てきて身体が乾いたら再び身につけるという徹底ぶりです。
コットン素材の二重仕様になっているもので、かなり温かいです。
いわゆるオシャレ腹巻とは異なりますが、汗を掻いてもかぶれたり汗疹ができたりすることもなかったので選んで正解でした。
これはやり慣れると、お腹周りがスースーするような感覚になり、「腹巻をしておこう」と自然に忘れないようになったのです。
腹巻はお腹はもちろんのこと、背中までもが温まるので本当に内臓全部を保温する状態になります。
だから寝つきも良くなったし、冷え性が抜群に軽減しました。
しかもお腹を凹ました状態で装着するので、別にお腹周りがもたついてファッションに影響を与えることはありません。
マジでダサい腹巻ですが、効果は想像以上で大満足です。

 

 

www.35labo.com

 

最後の排便プロジェクトは、とにかく毎朝の排便を目指すということを具体的に目標としました。
それまでの排便ペースは、週に2~3日の排便です。
ただし、これで私の健康は保たれていて、特別に問題はなかったので医師からも「便秘ではない」というお墨付きをもらっていました。
ですが、それ以上を目指したのです。
それはお腹周りをすっきりとさせるため。

なるべく毎日排便



ということで、食べるものにより気を付けるようにしました。
それまではヨーグルトを食べるにもジャムを入れたり、お砂糖を加えたりするのが常だったのですが、なるべくそのままやバナナなどを加えて食べるように変えました。
糖分は冷えの要因になるそうで、脂肪を堆積してしまう要素になり得るからです。
ご飯も玄米にチェンジ。

 

www.35labo.com

 


あまりお金を掛けられる状況になかったので、サプリ等に頼るのではなく比較的安定した価格で買い求められる発酵食品を玄米ご飯の共に選ぶ方法を選択。
キムチやかつお節などが大活躍です。
これが3つの中で、一番効果が出難かったのではないかと思っています。
それでも「お腹を理想のカタチに戻せますように」と願い、「身体に良いものを食べているのだから、私の方針に間違いはない」と頑張り続けました。
ただ、不味いものを我慢して続けているわけではなく、あくまでも美味しく食べ続けていたので辛いことはありません。
あれやこれやと試しつつ、食べ続けて2週間くらい経った頃からは毎日の排便へとスイッチしたのです。
腸がそういうペースになるには、それくらいの猶予が必要なのかもしれませんね。

 

この3つのポイントで私はお腹周りを凹ますことに成功しました。
「凹んだなあ」と目に見えて判るまでには3週間ほど要していて、理想とする凹み加減になるまでには1ヶ月ほど掛かった計算です。
しかしながら、割合に苦労知らずで凹ましたからなのか、油断すると直ぐにおへその下に弛みが生まれます。
感じた筋肉痛はもどきだったようで、本格的な筋肉が育ったわけではないのでした。
だから、この3つのポイントは現在も継続中。
1つでは足りなくても3つだから叶う、お腹周りスッキリダイエット方法です。